ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ninja250さよーなら~
土曜日にNinja250を手放しました~~~


DSC_0641.jpg

40目前にして二輪免許を取って、Ninjaに乗って約2年。
あちこちに走りに行きました~~

もともと、車を2台所有する経済的な余裕が無く、自分は原チャリで雨ニモマケズ風ニモマケズ通勤しておりました。
約6年。その前は自転車通勤約6年、、、、6年周期かよww
会社がバイク通勤禁止なんですが、ずーっと嘆願書やらを直訴したりして、最初こそ会社も強く出ていたのですが
何年もしつこく食らいついたし、バイク通勤解禁を自分のライフワークとします!って
宣言したりしたので、あきらめたようでw
原チャリに限ってですが、解禁されたのであります。
なのでしばらく50ccで通勤していたのですが、、、、、50って交通の流れに乗れないし、へんな制約があるから
危ないんですよね(^^;
そこで、普通自動車と同じルールで走れるけど原チャリという 原2 に乗りたいなと思ったのですが、これには普通二輪免許がいる。
当時は持っておらず、免許取得するにも結構なお金がかかってしまうので、妻から
娘が小学生になったら取っていい と約束をもらっておりました。
で、娘が小学生に上がった夏休みに教習所へ通い、無事に二輪免許を取得し、100ccの原2スクーターを手に入れたのであります。
しかし、免許を取れば普通二輪が乗りたくなるのは世の常w
ちょうどそのころ、精神的にもかなりヤバめな感じになっていて、何か逃避先を求めていたのかもしれず(^^;
どうしても乗りたくなって、半ば強引にバイクを購入することにwwww
バイクはホンダ派のおいらはCB400SF スーフォアがほしかったんですが、妻から400ccは車検があるからダメと言われ、、、
次にほしいNinja250をさくっと購入したのであります~~~

ライダースジャケット買ったり、メンテ用品揃えたり、駐車スペースを作るために整地したり、バイクの環境を整えるのにも
とても時間とお金をかけました(^^;
時間を作ってはあちこち出かけて、とても楽しいバイクライフが始まった!かに見えたのですが、、、、
最初の1年はとても楽しかった~~ 不慣れでフラフラしながら走って、立ちごけもしたし、いかにも初心者丸出しですw
しかし、2年目に入ったあたりから、バイクにも慣れ、多少自信がついてきて走れるようになってくると、今度はなぜか
ものすごい恐怖心を感じる事が多くなってきました。
以前は純粋に楽しかったツーリングも、あの時は無謀な運転をしてしまった、、、あの時は車がこっちに気づいてなくて危なかった
等々、運転しながらも、帰ってきても、反省することがほとんどでした。
たぶん、このままこのバイクに乗っていたら、自分は確実に事故を起こすな~ アスファルトのシミになる日も近いかも、、、
と思うようになってしまいました。

さて、こう思ってしまうと、実際そんなことは無いとしても、そうなってしまうのが人間というもの。
それに、そういう要因があるから予感がするのだし、ここはひとつ、もっと大人しい、大型バイクでゆったりと
走るスタイルに変更しようじゃないか~
もうオッサンなので、Ninjaだと腰が痛いし、振動もすごくて、3時間も運転すれば手がブルブルになるw
もともとスーフォアがほしかったんだから、それに近い感じの、、、、CB1300はでかいし高いし、、、
お、CB1100いいじゃん? これに買い替えよう。
大型免許の一発試験受けに行ったけどダメだったので、夏に大型免許取りに行って~

なんて考えて実施計画を練っていたのですが、、、工程を考え、見積もりを算出したときにふと思いました。
あれ?これ車買えるんじゃね?

Ninja250に関しては、税金や保険等の維持費はすべて自分が小遣いから支払っておりました。
これに家計からちょい足しで、車買えるじゃん、、、、、、

実は、上の子が来年就職して、家計から離脱する予定なのです。
きちんと就職してくれれば、の話ですがwwww

結婚前はFD3Sに乗って、峠やサーキット、ジムカーナなんかもやりました。B級ライセンスと審判員Bも持っていましたw
それが、結婚に対するケジメと覚悟のつもりで車をすっぱり捨て、ファミリーカーは妻子優先で自分は自転車&散々ごねた原チャリ
ずーっと我慢してきたかというとそうでもなく、たまに車のことで大喧嘩したりwwww
覚悟を決めたつもりが、実は自分には無くてはならないものだったようで(^^;
それに気が付かづ、崩壊寸前のところで運よくバイクを与えられた事で、何とかここまで復活したけど、それでもまだ昔のようには戻れない。
それが、車買えるじゃん、、、、いや、誰が何言おうが、買えばいいんだよ!
ここにたどり着いたとき、心の中が一瞬で すかー!っと晴れ渡った気分になりましたwww
あぁ、自分は車バカだったんだよな~と 封印していた思いをやっと解放出来て、救われたっていうのはこういう事なんだとw
昔の思い、自分の本当のやりたい事、いろいろ思い出しました(^^;

バイクであちこち一人で出かけてましたが、家族とあちこち行きたいのです。運転して楽しい車でw
いろんな所に連れて行ってあげたいなぁ~ 昔はそんな風に思っていたんですよ
でも、つい先日までは、車は妻の車だし、運転しててもつまんないし、わざわざ休日に家族みんなで出かけなくても、、、
効率悪いから、それぞれが別々で動いて用事を完了させたほうがいいじゃん。
って思っていました(^^;

今までの子供たちとの時間は取り戻せないんだなぁと、とても残念ですね。
しかし!これからは色々なところを巡って、旅してみたいですね~~
あちこち出張行ってるので、いろんな場所へ連れていけますし、行きたいと思うようになりました(^^;

人からしたら、車ごときで何を言ってるんだと思われてしまうけれど、これが自分の心を構成するために必要な部分だったとは
それを気づかせてくれたバイクライフ、Ninja君と過ごした時間は価値ある時間でした。
今度は車を買うわけです。
来年の話になりますが、ダメと言われても買いますw
ちゃんと自分で選んだ車を、言い訳せずに。

ただ一つ、バイクを手放した心残りがあります。
女子高生になった娘をバイクで送迎するのが夢だった!

スポンサーサイト
大型自動二輪免許一発試験にチャレンジ!その3
春休みも今日で終わり
これが最後の大型試験になりますっ!

むむむ、ここで合格できなければしばらくは受けに来ることが出来なくなるので
なんとしても合格したいところ!

今までの受験結果から分析すると、、、、

*大型バイクといえど、ベース速度をそれなりで走らないと指定速度まで加速するのは難しい。
*速度を上げると安全確認が忙しくなるので、指定速度区間以外はスローで
*コーナー等ではバイクをバンクさせて曲がるようにしたほうが試験官への印象が良い。
*とにかく急制動を成功させる

減点超過するとその時点で検定中止となる試験で、最後まで走れればほぼ合格と言われております。
自分は過去2回の試験でどちらも最後まで走りきっております。
しかし、合格できない。
ということは、一番最後の急制動で不合格となっている可能性が高い。
ならば、急制動がクリアできれば合格できるのでは???
そんな甘っちょろい考えで今回の試験に挑んだのですが、、、、

試験会場につき、提出書類を用意し、、、、、あれ?あれ?免許が無い!
家に忘れてきてしまった、、、、、
大急ぎで家に帰り、再度免許センターへ(^^;
家が近くてよかった、、、、
一瞬、こういう日はやめたほうがいいよな
と頭をよぎったのですが、なにしろお休みがラストチャンスなわけで、意地でも受けることにw

さすがに連続3回目ともなると、受付のお巡りさんも顔を覚えてくれたようでw
スムーズに受付を終え、コース入り~

今回は何としても急制動を成功させる!
今までの試験から、急制動でどうだったかを思い出す、、、、が、あれ?よく思い出せない、、、、
急制動に侵入するコーナーから、急制動コースに入って、アクセル開けてメーター確認して~
までは鮮明な記憶があるのですが、ブレーキポイントの記憶が全く無い(^^;
ということは、ブレーキを適当にかけているということですねwww
今回はここをしっかり見極めて、ブレーキをかけるポイントを明確に意識することに重点を置く!



何度も何度もパイロンの間を歩いて、イメージトレーニング!

む、そろそろ時間だな?
あれ、今日は自分ひとりか???
そう思った矢先、もう一人受験者が現れました。

彼も普通二輪を持っている初回受験者だという。
しかし、、、、ろれつが回ってないぞ??
コースを聞かれたので説明したけど、まったく理解できてない、、、
むむむ??脳卒中とか、その傾向があるんじゃないか???
試験官が来て、いつも通り説明を始めるも、彼は何度も同じことを聞いたりしていた、、、、

いやいや、人の心配より自分の心配をしなければ!

今回も一番手、、、
試験開始の合図とともに、気合いを入れてバイクにまたがる!
勢いあまって右足をついてしまう!wwww
右足を不用意につくと減点です。・゜・(ノД`)・゜・。
、、、、、すでにココロぴょんぴょんして、地に足がつかない状態にwwww
バイクの運転も乱れ気味で、最初のほうは安全確認が遅れ気味に、、、、
これではイカン!なんとか平静を取り戻し、法規コースも終盤、クランク抜けて~
見通しの悪いT字路からの左折なので、ゆっくり前進しつつ前のめりになり安全確認し
左折、、、、、っ!!!
左折しようとしたとたん、速度が遅すぎてバランスを崩し、左足をつく!!
ぐあぁああ! お、、、重い、、、、、
なんとか踏ん張るも、バイクはじりじりと左に傾き続けており、再起不能な状態であることが分かりました、、、、
その時点で踏ん張るのはあきらめ、そのままゆっくりとバイクを地面におろし、おもむろにキーをOFFにします、、、
こけたら一発検定中止です
とりあえずバイクを引き起こし。
そういえば、適性検査でバイクの引き起こしやらなかったなぁ~
自主的に引き起こしやっちゃったよ、ははは~
なんて考えながら、ひょいとバイクを引き起こす。
あれれ、意外にすんなり起きるんだな~ なんて感心しながらも、さて、押してスタートに戻れって言われるのかな?
と試験官がいる塔を見上げる。
??指示が飛んでこないけど、、、ちょいと間が空き、試験官から
「とりあえず、続き走ってください」との指示が!!
おぉお!? 普通は検定即中止なのに、走らせてくれるのか!
ありがたや~~~~(*´Д`*)
エンジン再始動し、残りの踏切~坂道~をぐるぐる走り、スタート地点へ戻る。
なんだろう、、、こけたら後はすっかりリラックスして、スイスイ走れるwww

スタートでエンジン停止し、今日はここで終了~
あぁ~~課題まで進めなかった~~~

意気消沈するも、次の方の番なのでさっさと交代する。
さて、人の走りをよく見て、参考に、、、、あ、、、
この人もマイペースな人だ(^^;
手順まるで無視、しかも、試験官の合図や指示をまったく無視wwwww
もうはちゃめちゃな走りで、この人公道に出ちゃいけない人なんだってのが分かります(^^;
しかし、今回の試験官は優しい人で、指示を無視して走り続けてもしばらくは放っておいてます、、、
普通は即中止で戻らされるんですけどね~
右右左に行ってください~ って指示を受けても、左右左に行っちゃうしw なぜか坂道のてっぺんでエンストして
しばらく動けなくなるしwww
さすがの試験官も、最後には「エンジン切って押して戻ってください」って指示をだしてました(^^;

うーん、大型二輪の試験、3回受けましたが、まともな人に出会ったのは二人だけ、、、、
それ以外の人は本当に受かる気あるのか?っていうレベルばかり。
毎日こんな人を相手にしなきゃいけないなんて、試験官も大変だなぁ~~

しかし、、、ここでふと思う。
自分もこの人たちと一緒なんじゃないのか??
そもそもの、この試験の意味を考える。
ここで合格すれば、その日の夕方から大型二輪を公道で乗ってもいいのだ。
つまり、 大型二輪を公道で安全に円滑に運用することが出来る技能をあなたは持っていますよ 
試験官が認める、これがこの試験の意味。
はたして、自分にそれだけの技能があるのだろうか?
否、全く無い!
そもそも、大型バイクに乗ったのはこの試験のみ、たった10分程度を3回乗っただけ。
その挙句が、ちょっとしたところでバランスを崩して情けない立ちごけ。
あぁそうか、自分も今まで馬鹿にしてきた人達と何も変わらないじゃないか~
このまま何回かチャレンジして、もし合格できたとしても、それで公道を安全に走れるなんて
とても思えない。
教習所では最低12時間バイクに乗って練習する。その中でノウハウを教えてくれるわけだ。
だが、一発試験で合格してしまったら、必要な心得等の無いままバイクに乗り続けなければ
ならなくなってしまう。

だったら、自分はここで受けるべきでは無いのだな~~
一発試験で受かった!ってのはいいネタになるけれど、きちんと教習所で教わりたいなぁ

ってことで、大型自動二輪免許一発試験チャレンジはこれにて終了!
3回受けてダメだったヘタレライダーというおいしい称号もいただいたことだしw
次は時期を見て教習所へ通うことにいたしますっ!
といっても、教習所の割引が来年で切れるのと、来年4月から消費税があがるので、今年中には行きたいですね~
子供も18になって教習所に通うはずなので、一緒に教習うけるかな~www

大型自動二輪免許一発試験にチャレンジ!二回目!
あえなく不合格となった1回目から、間髪入れずに次の試験日に2回目挑戦です!
お休みが1週間なので、受けれる試験は3回がリミット!
この間で合格なるか!?

この日はあいにくの雨予報~
朝から雨が降っていますが、休みの関係でそんなの気にしていられません。
試験も雨天だろうがやってくれるので、雨具を準備しいざ出陣です。



しかし、こんな天候にもかかわらず、この日の受験者は自分も入れて5人!
おぉ~ みんな気合い入ってるなぁ~

ここに試験を受けに来る人はなぜかみんなフレンドリーですw
仲間意識があるんでしょうかw
その中の一人と会話が弾み、「自分仕事でKLX乗ってるんですよ」との発言がw
KLX乗る仕事って一つしか思い浮かばないんですけどwww
これは強敵だw

あとは外国人の方2名と無口なお兄さんw
時間になって試験官がやってきて、説明を始める。
この時になると雨はあがって、晴れ間が見え隠れするように!
おぉ!これはいけそうな気がする!
しかし、路面は濡れたままなので、急制動は11mではなく13mに!
これはいいのか悪いのか!?

今日は一回目の失敗を踏まえ、バイクにビビらず、適度な速度で普通に走る!
スタート地点においてあるバイクを眺めると、一回目に感じたデカッ!という印象は無く
普段乗ってる忍者とたいしてかわらんと思えるように~

これならいける! そう思った矢先、試験官から一言。
今回は人数が多いので同時に走りますので、、、、、

えぇえぇえ!
ま、、マジか、、、完全クローズドで試験車両以外走らないもんだとばかりおもっていたけれど
とんだ誤算だ、、、、
こうなると他車両との優先確認とか、安全確認も適当に頭降るだけじゃダメじゃん(^^;

しかも、今回自分が一番手か~~~
う~、またしても緊張してきた(^^;

試験が開始し、手順を踏んでバイクにまたがる。
一回目に感じたバイクへの恐怖心はまったくなくて、むしろ早く走りたい気分にw
リラックスするとスタートもスムーズに、検定だからと遠慮していた速度も、比較的アクセル開け気味で
スイスイと走る、、、、、がw
やはり速度が上がればおろそかになるのが安全確認w
ウインカーを出すタイミングが明らかに遅れてる(^^;
バイクを操ってはいるけれど、これではマズイな、、、、
法定走行を終え、終着点に戻る。
さすがに今回はこれで検定中止かな~ 
あきらめていたけれど、課題発進の合図が。

安堵して課題スタート。
急制動までは問題なくクリア
前回速度不足だったから、入り口から思いっきり侵入するぞー
勢い込んで突っ込む!
だいぶ手前から、40Kmちょいをキープすることが出来た。
あとはタイミングをみはからって停止!
むふ~ 今回はいい感じじゃね???(*´Д`*)
意気揚々とスタート地点に戻り、降車。
次の人に交代する。

仕事でKLX乗ってる方はさすがに丁寧に運転しているな~
これは合格するんじゃないか??
ところが、波状路に入ったとたんに右に左に大ブレし始めた。
あー、脱輪しちゃったな、、、、その場で検定中止に、、、
彼は戻ってきたあとがっくりしてその後一言も話さなかった(^^;

無口なお兄さんは自分が走っている途中でスタートしたらしいんだけど
自分が一本橋わたってるときに路上で停止していた。
急制動やらないで帰ってきたっぽいな?

外国人お二人は、前回のご老人同様手順を知らないのか、マイルールでバイクにまたがり、コースもでたらめに走り(^^;
転ぶわ逆走するわしっちゃかめっちゃか(^^;
すぐに検定中止となり、試験官から「エンジンを切って押して戻ってください」と言われてしまうほど(^^;

全員終わったので受付に戻り、結果待ち。
今回は急制動もできたし、もしかしたらもしかするかも??? と期待していたのですが、、、、
全員不合格!

ぬあ~~やっぱりスイスイ走りすぎたか???
教官殿からのアドバイスっ
交通法規を無視している部分が多数、、、おっしゃる通りでした。。。
波状路でのアクセルタイミングが障害物と合っていない、、、、え?そんなところまで減点対象??
急制動のブレーキタイミングが早すぎる、、、、なっ!急制動完ぺきと思ってたけど、実際にはダメだったのか、、、

次がラストチャンス、もっと詳しく分析して対策を考えなければ、、、、

3回目に続く!

大型自動二輪免許一発試験にチャレンジ!
今年の目標として、大型二輪免許取得 を新年にぶちたてたのですが
ただ教習所に行ってほいほい貰ってくるのではつまらない。
どうせなら一発試験を受けたほうが断然面白いじゃないか~

試験風景の動画などを見ると、普通二輪でやった事と大して変わらない、、、
一本橋とかスラロームとか、そういうのは普段練習できるし、これはもしかして
一発でも難易度そんなに高くないんじゃないか??
なんてものすごく楽観的に考えた結果、がぜんその気にwww
事前にコースを入手し、頭に叩き込んでおき、仕事がひと段落つく新年度初日に
一週間のお休みをとり、大型二輪免許一発試験にチャレンジしてきました!

その顛末をご覧くださいww

一回目w

受付は8:30~ ちょうど春休みということもあって、高校を卒業した若い人達がすでに長い列を作っております。
申込書的なものを書くはずなんですが、問診票ってやつしか見当たらない、、、
仕方なく問診票を書いて、受付に並ぶ。
受付で大型二輪の技能試験を受ける旨を伝えると、申込用紙を渡された。
外に置いておいてくれればいいのに、、、
用紙に必要事項を記入したら、県証紙を買って、適性検査受けてからもう一度戻ってきてね と言われた。
受験代4500円を支払い、適性検査へ。
といっても、視力検査だけ(^^;
自分は普段メガネっ子だけど、視力は0.7以上あるので条件等は無いのだ~
もちろん眼鏡をはずして検査。無事にパス
受付に戻ると、試験コースで待機するように言われた。
そういえば、引き起こしとか取り回しの適正検査はやらないのね、、、、w
今日は学科試験の人数も多いし、試験開始が遅れるだろうから、コース内をじっくり歩いておいてください とのこと
おぉ~ それはすぐにいかねば!
いそいそと二輪コースへ行き、早速本日の試験コース2を歩いてみる。



コースは事前にネットで拾い、頭に叩き込んである!
実際に歩いてみると、意外に広かったり狭かったり、やはりイメージだけではわからないですね~
急制動も距離があるし、大型だから加速も楽そう
とこの時は余裕をかましておりました、、、、

コースを歩いていると、他にも受験者が二人やってきました。
一人は免許更新を忘れて失効になったご老人
普通二輪受験で、二回目だという。
あれ?そういえばこの人、受付でなにやらもめてたような、、、
もう一人は普通二輪免許も持ってない、いきなり大型受験な人。
すげーなぁ 普段バイク乗ってないのに、いきなり大型受けるのか~
よっぽど自信があるんだな~

そんな二人と試験開始までいろいろお話しながら待ちます。
9:30から試験開始ですが、50分ぐらいに来たかな?
教官がやってきて、バイクの暖気運転をはじめたり、コースのチェックをしています。
コース説明や受験の諸注意を聞いて、10分後に試験開始となりました!
スタート位置にはすでに大型バイクのCB750がスタンバっております、、、
う~~~ 緊張するなぁ~~~

まずは普通二輪のご老人から試験開始!
お手並み拝見とさせていただきますかっ、、、、、、、あれ?

試験には作法がありまして、バイクに乗車するのにも手順が決まっております。
その手順どおりにやらないと減点されて、下手すると発進するまえに検定中止になったりします(^^;
ところが、ご老人、まったく手順無視で発進準備をしております(^^;
一応発進許可はおりて、コースに出れましたが、、、、安全確認はしない、クランクで縁石にヒット(^^;
信号でも停止線オーバー(^^;
あえなく途中で検定中止となってしまいました、、、

うわー、ほんとに途中でやめさせられるんだ、、、、なんてビビッていたのですが、次は自分の番です!
バイクの横に立ち、乗車準備ができた事を手を挙げて知らせます。
試験官から乗車の合図がかかり、乗車開始です!
まず、乗る前にバイクの周囲の安全確認です。指さしで周囲をぐるっと見回します。
ハンドルを持ち、バイクを垂直に立ててサイドスタンドを払います。
このとき、はじめて大型バイクを触り、その重さに思いっきりビビッてしまいました(^^;
おもわず「重っ!」って声が出てしまいましたw

後方確認してバイクにまたがり、サイドミラーを調整。
キーをまわし、ニュートラル確認。
クラッチとブレーキをしっかり握り、エンジンスタート。
後方確認し足を入れ替え、1速にギアを入れ、さらに後方確認し足を入れ替え、発進準備完了で右手を上げる。
これが一連の流れです。

試験官より発車の合図がかかったら、安全確認しウインカー出し。
ミラー確認、目視確認のち発車、、、、ですが、はじめて乗るバイク、いきなりスムーズに走れるわけもなく
すこしガックンガックンなりながらのスタート(^^;
普段SS乗ってるから、ハンドル位置も違和感だらけだし、クラッチも半クラ位置が分かりづらい(^^;
もうこの時点で大型バイクにビビッてしまい、完全に飲まれてしまいました(^^;

なんとか制御しようと、ゆっくりゆっくり走ることばかりに専念し、指定速度40km以上出さなければいけない区間で
速度不足。
ゆっくり走るあまりフラフラ(^^;
あぁ~~ こりゃ課題コース行く前に検定中止かな、、、、
なんとか法規コースを走り終え、一度スタート地点に戻ります。
この時点で減点超過となると検定終了。
まだ大丈夫なら一本橋やスラロームなどの課題コースへ進むことができます。
次の発進準備を終え、手を挙げると 「課題発車」の合図。
おぉ~~ 大丈夫だったか~~

相変わらずフラフラしながらまずはスラローム。
普通二輪教習のときはスラロームが苦手で、どうにもうまく走れませんでした。
リズムが取れなかったんですが、しばらくバイクに乗った経験からでしょうか
すいすい走れるようになっておりました~~
やっぱり普段から乗るって大切な事なんですね~

次はやったことのない波状路!
凸凹道をスタンディングでゆっくり走るというもの。
これ必要あるんだろうか?
これは5cmのブロック段差があるところで練習したので、問題ナッシング
そして多くのライダーに苦手意識のある一本橋。
道路に引かれている白線は幅15cmなので、これで練習すると本番の30cmの一本橋がものすごく広く感じますw
もしもし亀よ~亀さんよ~世界のうちで~おまえほど~歩みののろい~ とうたって10秒越えですので
鼻歌うたいながら通りますw

そして最後は急制動!
さぁ、40kmまで一気に加速だ!!
アクセルをぐあっと開けた、、、はいいいのですが、、、侵入速度が低すぎまして
いかに大型といえど、制動ポイントまでに40kmには到達できず
36kmという結果に、、、、、
点数が残っていれば、速度不足はリトライ可能ですが、リトライの指示がかからない、、、、
ということは、これで減点超過して終わりってことか~
スゴスゴとスタート地点に戻り、降車。

う~ん、残念! まぁ最初一発で受かるわけないしね! それに大型にビビりまくってるこんな状況では
さすがにダメだなぁ~
今回は勉強ということで、次の人の走りをじっとり見させてもらおう~

ということで交代。
次の人がバイクにまたがり、、、、、、エンジンがかからない、、、、
んんん?俺が下りるとき変な事したかな?
いや、それは無いな、作法どおり、指さし確認しながらやったし、、、、
しばらくすると試験官がやってきて、エンジンかけてみる。
試験官ほう助でこの時点で失格ですね、、、「試験続けますか?」と聞かれ、その人は走ることなく辞退しました(^^;

これにて全員の試験終了~
受付で結果発表なので、移動します。
エンジンかけられなかった人と話しながら移動すると、なんと、バイクにまたがったことすら無いのだというwwwwww
ま、、、マジかwww
これ、走ろうとしたらすっ飛んで大けがするパターンなんじゃなかろうか、、、、、(^^;
彼は辞退して良かったと思う、、、

すぐに結果発表。全員不合格~~
試験官からアドバイスをいただく。
フラフラしていた。ハンドルのみで曲がっている。急制動の速度不足
う~~ん、これは自分も実感していた事なので、、、、、あれ?ということは、ここを直せば合格ライン???
などと都合のいいように考えww
再試験の申込書を手渡され、試験場を後にしました~。
普通二輪のご老人は、試験官から「もう試験はやめたほうがいい」と言われておりました(^^;

2回目に続く!
バイクの防寒対策
冬はバイクに乗らないって話を聞きますが、自分はバイク通勤なので
真冬の雨の日でも強制的にバイクに乗らなければならないのです、が
十分に防寒対策をしているので、全然寒くないんですよ~
しっかり装備を整えると、ほんと、まったく寒くないんです。
ウインドブレーカーを着て、その上に胸部、腕、足プロテクターを装着
さらにその上からジャケットを着るという複合装甲
ネオプレーンのハンドルカバーにネオプレーンのグローブ
ハンドルカバーはほんと神の装備ですw
カバーつければ素手でもいけますw
ブーツタイプの安全靴もかなり暖かいです。
ネックウォーマーで首回りをふさげばもう完ぺき。
完全に冷気をシャットアウトできます、、、、、が
この装備は出勤装備なので、遊びに行くときのおしゃれな恰好では無いわけですww

そこで、ライダージャケットの下にスマートに着れる防寒着を求めていたら
ワークマンのミッドインナー
というのが良いとのことで、早速買ってみました!



長そでシャツの外側がゴムコーティングされている感じの服で、地肌に触れるのは禁止だそうで、、、、
早速着込んで、、、、むぅ、これはインナーってだけあって、トレーナーなどの上には着れないし
脱ぎ着が大変、、、、確かに風は遮断できるけど、気軽に脱ぐことができないなぁ
おいらが求めるものではなかった、、、

今度はこれを買ってみた
ラフアンドロード 防風インナージャケット

DSC_0632.jpg

DSC_0634.jpg

ワークマンのに比べるとずいぶんペライし、小さいし、これでほんとに風が防げるんだろうか、、、、

DSC_0638_20160115180203ecd.jpg
DSC_0640.jpg

ただ、これはまさにジャストサイズ!
着やすいし脱ぎやすい、ジャケットからもはみ出ない!

早速着込んで走ってみたら~
まったく寒くない!!
素晴らしい防風性能で、メッシュジャケットを通る風から体を完全防御!
高速走行しても大丈夫だし、これです、これを求めていたんですよ~
いろんなジャケットに対応できるし、これはリピート決定アイテムですね
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。