ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201010
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふともも関節の簡単改造


みなさんからよくいただくご意見で、このように方足に重心がくると太ももがすぐに割れてしまう
というものがあります~ 私も困ってるンですがw
股関節の太ももとの接合部が短いのが原因なので、接合部を延長すればいいのですが、、、、
パテやプラ材で延長してもらう? いやいや、それができる方は限られている、、、
誰でも簡単にできる方法で対処できないかな?とずーっと考えていたのが、先日思いつきました!

用意するもの!

DSC_5464.jpg

★サランラップの芯
★カッター
★定規

以上!

DSC_5476.jpg

芯を35mmでカットして、15mmの溝を開けます。

DSC_5478.jpg

太ももをぐいーんと伸ばして、中にかまします

DSC_5479.jpg

芯をギュッと閉じて、股関節パーツに押し込みます
しっかりはまるように溝の大きさや長さを微調整してください~~

DSC_5481.jpg

キッチリはまれば、もう太ももが割れることは無くなります(^^ ノ

DSC_8151.jpg

そろそろ寒くなってきたので、ついでにお着替え~

DSC_8152.jpg

片足上げてもへーきだじぇいw

DSC_8166.jpg

足組むのも自然な感じで~

サランラップの芯ならどのご家庭にもありますし、入手も簡単です~
(使い切る必要がありますが(^^;  いろいろ役に立つので、うちは捨てないでとってありますw)
でも、とても硬いので加工するときは十分注意してくださいね(^^ ノ

話はぜんぜん変わりますが、、、

DSC_5511.jpg

彼岸花が咲き出しましたね~


ゴーヤも種を取れました(^^ ノ

DSC_5538_20100925190208.jpg

けっこうデカイっすね、、、、
これで来年もゴーヤが育つかなっ!
スポンサーサイト

テーマ:スーパードルフィー - ジャンル:趣味・実用

子供の運動会


上の子の小学校最後の運動会に行ってきましたよー

そんなに気温もあがらず、ちょうどいい秋晴れになりました(^^ ノ

子供の写真ばっかりなので、ぜーんぶ後姿だけを選んでいますw

DSC_7683.jpg

器械体操の一部ですが、、なんとなくシュールw

DSC_7767.jpg

女の子にひきずられる男の子ww
この頃はまだ女子のほうが強いんですよねw

DSC_8017.jpg

今回は私はずーっとサンヨン付けっぱなしで、嫁さんが18-200mmで撮っていたのですが
300mmは長いな(^^;
小さな鳥ばっかり狙ってたから、人間となると200mmで十分かも


DSC_7916.jpg

でも、この解像感とボケはさすがサンヨン 服の布目までしっかり見える~
古くても恥ずかしくないレンズw
ブログの写真は縮小してるからそこまでみえませんよw

DSC_8047.jpg

しっかり晴れてたので、SSも稼げたし、とても楽な撮影でしたね~~
ただ、今回は子供の立ち位置が逆光の場面が多くてちょっと残念でしたね~

DSC_7894.jpg

はい、最後のリレーもおしまい、みんな頑張ったね ぱちぱちぱち~

DSC_5220.jpg

18-200mmにテレコン、、、にじんでるなぁ(^^; やっぱテレコンは緊急対応的な使い方がいいですね

DSC_8134.jpg

で、ビデオを三脚にたてて撮影しっぱなしにして、カメラを構えていたのですが、突然三脚が倒れて
ビデオが傷だらけ&ひん曲がった、、、

カメラのファインダー覗いてたから、どうして三脚が倒れたのか意味がわからない、、、、
誰かが引っ掛けたのか、オイラがレンズで押したのか、、、
まぁしょうがないです、とりあえず機能的には問題ないので、曲がってぐらぐらになった部分を直します。

DSC_8136.jpg

バラして可動フレームをペンチで戻して、、、、
まだ多少ぐらぐらしていますが、使えるようにはなったので、これで良しとしましょう、、、、、
この前買ったばっかりなのになぁ、、、、ショックでかいですよ
。・゚・(ノД`)・゚・。
撮影機能がまともだっただけでも良しとしましょう

教訓、三脚を過信してはいけない!

フラッシュ撮影とホワイトバランスプリセット
先日、ツイッターでこんなつぶやきを見ました

ホワイトバランスプリセット時に、ピントが合ってないと撮影距離情報が正確ではないので
フラッシュ発光がめちゃくちゃになって、ちゃんとプリセットできないのでは?

はう? 、、、今まで私はWBプリセット時にピントを気にした事が無かったのですが
もし距離情報がフラッシュの発光制御に大きく影響を及ぼすのなら、私のやり方は間違っていることになります
ん~、前に、どっかでWBプリセットはピントがあって無くても良いと教わったのですが、、、

ならば! 悩んでいないで、早速実験!!!

いやぁ~、最近カメラネタが無かったので、楽しいなぁw


nikonの18%グレー反射板はこのようにスケール表記があるので、ピントを合わせやすいのですが~



これはケンコーのやつで、無地です。
無地だとWBプリセットするとき、AFではピントは絶対あいません(^^;

DSC_7550.jpg

私は、物撮りにはnikonの、、、、ポートレートにはケンコーのを持ってもらってw 撮影してます。

さて、では今回の実験の目的!

①ピント距離情報の変化によってフラッシュの発光が変化し、WBも変わってしまうのか?

 上記を検証します

実験の予想

①TTL制御によってプリ発光→本発光をしているはずなので、距離の情報は影響しないのではないだろうか
 WBは光の質によってかわるもので、光の量によっては変化しないのではないか?

実験の方法

D300 Pモード ISOオート AF-S DX 35mm F1.8G SB-600 天井バウンス
カメラ任せで完全オート撮影してみます。



まずはWBオート
DSC_7480.jpg

ピン有でWBプリセット
DSC_7482.jpg

ピン無限遠 WBプリセット
DSC_7483.jpg

結果 距離情報でWBの変化は無し!

、、、、、と言いたいところですが、実験やってて、途中で気が付きました。
このやり方じゃ、ダメじゃん、、、
距離情報がフラッシュ撮影に影響するかを検証するんだから
バウンスじゃ意味ねーじゃん
それに、なんだかやたら青いですね?なんでだろー

、、、すいません、やり直しです、、、

距離情報を有効活用できる発光位置ってのは、やっぱり本体のホットシュー接続で直射ですよね
なので、顔射します


ピン有
DSC_7485.jpg

ピン無限遠
DSC_7486.jpg

ん~、若干違う?ほとんど変化はありませんね~
やはり、直射でも結果は変わらずで

距離情報の有無にかかわらずWBに変化は無い

ことがわかりました

では、距離情報の違いで本当に発光量をコントロールしているのでしょうか?
GタイプレンズとCPU無しレンズで比べてみましょう~

35mmF1.8G
DSC_7522.jpg

35mmF1.8G 離れて
DSC_7521.jpg

近撮と遠撮での発光量を比べてみます。
まずはGタイプですね、見た感じは距離が違っても被写体の光量は一定なので、距離情報によって
発光量が変化しているのかな?

では、距離情報を伝達できない30年前のレンズで撮影してみましょう

50mmF1.8
DSC_7516.jpg

50mmF1.8 離れて
DSC_7520.jpg

Gタイプの35mmでの撮影結果とほぼ同じですね~
ということは、距離情報ってのは光量決定にはさほど影響が無い とおもっていいのではないでしょうか
むしろ50mmのほうがいい露出になってますので、35mmの何かが邪魔をしてるのかもしれません(^^;

ということで、実験の結果!!

①ピント距離情報の変化によってフラッシュの発光が変化し、WBも変わってしまうのか?
 →変化はおきない

以上のことから、WBプリセット時、ピンボケしていてもOK 
ということが証明されました(^^ ノ


せっかくなので何時もの撮影セッティングで撮ってみましょう~

DSC_7509.jpg

SB-600 天井バウンス 本体ストロボ マニュアルでテキトーに露出決定して、発光補正かけて
なんとなく撮影です
カメラにまかせるより、バウンスは自分で適当に設定したほうがいいですよね~
それでも、ちょっと物足りないっすよね~



やっぱりLEDライトセイバーが最強か?

DSC_7534.jpg

スカートの中まで死角無しですwwww


今回の実験でおもったんですが、直射もけっこういい写りですね~
今後直射でも撮ってみよう
アリス3D
地元の映画館がやっと3D対応になり、今日から3D上映開始だったのです
で、オープン記念として、アリスインワンダーランドを500円で見れるキャンペーンをやっているのです
これはいかなければ! ということで、出張先でマッハで仕事をおわらせて
定時で帰社!
子供と一緒に見に行ってきました~~~



で、3D映画にはいろいろな方式がありまして
前にアバターを遠くの映画館に見に行ったときには、XpanD方式 という、メガネに液晶スクリーンが
組み込まれていて、それが左右の目を交互に遮光することで立体的に見える という方式でした。
しかし、液晶を組み込んでいる分、メガネが重く、視野も狭いのです。
私のようなメガネっ子にはメガネメガネになってしまい、とても付け心地が悪いw
しかし、地元の映画館が導入したのは リアルD 方式というもので
メガネがとても軽く、しかも、このようにメガネにクリップで止める方式のまであるのです
これが300円したのですが、これ一度買っておけば、マイメガネとして持参して見るのです
とにかく軽い、付け心地も抜群だし、視野も広い
ただし、3D対応映像でないと、ものすごい視界が点滅して、目が回りそうになります(^^;

DSC_7447.jpg

さらに、クリップ式はこのように跳ね上げることもできるので
通常のメガネ式よりもいい感じです(*´Д`*)

さて、感想!

3Dがすごかった!! 素晴らしい!
アバターを見たときは、XpanD方式は非常に疲れて、肩がこり、ひどい頭痛がして
視聴後は最悪の気分でした(^^;
ところが、今回は疲れることも無く、3Dの見え方もすごく自然で綺麗で、とても見ごたえがありました
方式の違いでここまで差が出るんだな といたく感動
これなら今後の3D映画も楽しみであります(予告の海猿とかすごかった)
あと、トロンがリメイクされるんですね! めっちゃ楽しみですよ!

おっと、、、アリスの感想、感想、、、、女性キャラが魅力的だった! 以上!!w
いやだってほら、アリスをバトル物にしちゃった時点で、三流映画以下のシナリオですよ(^^;
えぇ、もうお話しは捨ててください(^^;
綺麗な映像と、3Dの効果と、女性キャラに萌えてくださいw
アリスのなんと美しいことw
白の女王のなんと眉毛が濃いこと!w
赤の女王のなんと頭がでかいことw 4頭身だけど、なんかいいw
チャシャネコの動きが素晴らしかったなぁ
ハンプティダンプティが出てこないのが納得行きませんでしたが
トランプ兵とか無駄にカッコイイし、そういうところは一流でしたw

そうそう、アリスの大きさがころころ変わるのも見所の一つですかね~

今回、とても自然に3Dが見れたことで、一気に魅力にはまりましたね!
今後の作品展開に大いに期待です!
この流れだと、エヴァQも3Dかなw
DSC_7369.jpg

ゴーヤさんがこんなに大きくなりました(^^ ノ
でもまだ収穫には早いっすね~



そうそう、こういう光の強い時は影も強くなってしまうので、昼間でもフラッシュ焚くんです~

DSC_7375.jpg

さすがに直射だとフラッシュ特有のぎらつきが出てしまうので、ディフューザーをかましましょう~

これが 日中シンクロ といわれる撮影方法ですね~

DSC_7379.jpg

ちっちゃいゴーヤも発見~ これで5個目、ゴーヤは成長が早いっすね~~

DSC_7377.jpg

撮影時は朝だったのですが、、、すでに40度越え、、、、もうそろそろ気温が下がってくれないかなぁ(^^;

DSC_7382.jpg

唐辛子もわさわさ出来てます
こいつはちょくちょく収穫してそのつど料理に入れて食べてます
けっこう辛くて、刺激的っす(*´Д`*)
青いほうが瞬間的な辛さが強くて、赤くなると持続性の辛さが強くなるっすね~

DSC_7385.jpg

たまには外で撮るのも面白いっすねw


で、うちの近所のカメラ屋さんが閉店するので、セールをやってるのです
犬の散歩仲間から、一脚が安くて、買おうかどうか迷ってる という相談をうけまして、、

一脚ってあまり使う人居ないっすよね 使い方が難しいし、、、、
でも、オイラは一脚の使用率は三脚よりも多いんです
犬の散歩にはサンヨンに一脚装備で出かけます
三脚を担いでは散歩できませんし、サンヨンを手持ちで撮影するのは無理ですしw
マクロ撮影時も一脚は必須装備です。
カバンにも取り付け楽だし、ズボンのベルトにつるしておけば移動も楽
そんなオイラは一本足撮法愛好会会員ですのでw 無論、オススメしておきましたw

その結果、その人は一脚を買ったようですが、、、、、
おいらはそのとき、ギターの修理がまだ完了してなくて、修理代が幾らになるのか
皆目検討も付かずにドキドキしていたときでした。
なので、カメラ屋さんへ行っても、何も買えないんだから、行かない方がいい
とカメラ屋さんに近づかないようにしていたのですw
しかし、先日めでたくギターも修理完了し、予算内に収まったので
ちょっとカメラ屋さんへ寄ってみるか、、、、といってみた所
一脚が一本おいてありました、、、、カーボンの、、、、28径、、、、表示価格から半額、、、、!?
こ、、、これは、、、、!!!!

耐加重8kgの、そこそこいいやつだ、、、、しかも、半額って、、、この一脚の相場の1/3以下じゃないか!

ということで、ちょっと迷って、一回家に帰って、ネットで色々調べてw どうやら迷ってはいけないようなので
再度出向し、ゲットしてきましたw

DSC_5207.jpg

う~ん、やっぱりカーボンはいい!
軽いし強度も抜群! おいらはリング式のほうが使いやすいので、そこもお気に入り(*´Д`*)
石突も可変タイプだし、雲台も余裕をもって選べるキャパを持ってる~

SLIKのヤツが欲しかったけれど、この値段でこれだけのものが手に入るのなら
ぜんぜんいいです(*´Д`*) 物的にも同じ性能だし!

今までつかってた一脚は耐加重2kgだったんですよね(^^;
そこに6Kg以上の機材を乗っけてたんだから、そりゃ無理も出るってもんですよね(^^;
ちょうど子供の運動会もすぐだし、活躍してくれそうです(^^ ノ

で、おいらも一脚買った! という話を散歩仲間にしたところ
その人は表示価格の3割引 で買ったという、、、、
おぉう! おいらは最安値で買ったようだ! 勝ったぜ! (何に?w
ギー太復活!!
演奏中にエンドストラップピンがネジごと本体からすっぽ抜け
ギターがはずみで宙を舞い、一回転してヘッドから墜落して数ヶ月、、、、
4弦のペグは曲がり、指板がはがれ、あちこち傷だらけで、もう音が鳴らせなくなってしまいました
しかし、食費を切り詰め、一生懸命お小遣いを貯めてクリスマスに買ったギターw
妙に愛着があって捨てるに捨てられずそのまま放置しておりました。
その間、新しいギターのむったんをお迎え(w)し、新たなギターライフを満喫していたのですが
奥さんからお小遣いをもらったのでとりあえず、楽器屋さんに見てもらうかな~ と見積もりを
お願いしました。
そしたら、この状況を見積もりするには一度ギターをばらさないといけなくて、それすると
タダでは見積もりできないですよー とのこと、、、、まぁ、確かにタダでは無理そうだ(^^;
はう、概算でひとまず予算内だったので、それなら、と修理をお願いして1ヶ月

昨日、修理完了報告が入り、早速お迎えにいきました!!!



復活!

お、、、、おぉ、、、おおお! ちゃんと演奏できる!!
楽器としての本来あるべき姿を取り戻した!!
あちこち傷はあります、それは修理依頼しなかったのでいいのです
むしろ、自分への戒めとして、この傷は残しておこうと思います。
二度とこのようなことが無いように~~

DSC_7349.jpg


まだ弦が貼ったばかりなので、安定しませんが、弾き心地は以前と変わらずっ
というか、むったんに慣れはじめていたので、サスティンの伸びと低音に感動w
音もむったんセッティングと大きく違うので、もう一度セッティングをしなおして
それぞれのギターの音をじっくり作っていかないとですねっ

ギター初めて丁度1年が経過しました~~~
ギー太をもちっと弾きこんで、安定したら、むったんとギー太2本使って
演奏してみるか~~~

んで、そのうちダンカンぶち込んでみるかな?

DSC_7354.jpg

あ、ちなみにこの娘はうちの褐色さん「ラルク」ですw
DD1素体の自カスタムヘッドです、、、最近見ないですね、、、、DD1
あまりに色移りが酷いことになったので、全塗装したんです、かなり昔です。
ただ、塗装はがれが怖くて、なかなかかまってあげられない状況になってしまいまして(^^;

DSC_7316.jpg

普段は部屋の片隅でウンディーネとしてお仕事してます(^^;

DSC_7323.jpg

せっかく白の水着買ったので、褐色さんに映えるかなぁと 撮影してみましたぁ

今思うと、童顔系なのに細マッチョな体がアンバランスですね(^^;
もっと陰影を抑えた塗装をすればよかったー

あとは、、、旧手足装備のSDりお を、PS手足対応にして、二重間接腕を装着できるようにしないとだな
例のアノパーツはもう作ってあるんですよ、、、、手首足首のボール間接、、、(^^;;;;;;;;;;
あとは純正の手足を手に入れればいいだけ~

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。