ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201507<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201509
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TAMIYA 1/6 SUZUKI GSX1100S カタナ 1/6ドール


そういえば、家には27cmドールが3体いることを忘れておりまして(^^;
プーリップを改造して、ボークスの27cm素体に換装していたのです。
さっそくそれをサアラさんにドッキングしてみると、、、、、
肌の色が違うけど、成長したサアラさん完成www
カタナにもばっちり乗れました!!

DSC_5657.jpg
DSC_5663.jpg
DSC_5668.jpg
DSC_5670.jpg

放置していたので、セーラー服や靴下に黄ばみが(^^;
足が長くて、手が短いですが、いい感じですよ~~~~(*´Д`*)

DSC_5671.jpg
DSC_5676.jpg
DSC_5677.jpg
DSC_5688.jpg

JKとバイク、、、、、
(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア


てか、ほんと足ながっwww
うまやらしい、、、、
シート高790mm、おいらが乗ったらかかとがつかんな、、、

ボークスの素体なので、アゾンの素体をあとで購入して、ピュアニーモに合うように改造したいなぁ~
ヘッドも必要だなー
もう一体ほしいなぁwww
マヤがね、ほしいなぁw
つーか、ヘルメット必要だね。
どっかにあるのかな?自作しないとかな?
スポンサーサイト
TAMIYA 1/6 SUZUKI GSX1100S カタナ 完成

ということで、TAMIYA 1/6 SUZUKI GSX1100S カタナ 完成しました!!
夏休みの工作 とか言って買ったのですが、実際に会社の夏休み中、怪我の為に予定していた行楽はすべて中止
家でやることがないので、猛暑の中、クーラーのない工房にこもってずーっとこいつを作っていました(^^;

DSC_5572.jpg

フレーム、カウルはシルバー、シートはコバルトブルー+黒    ニュートラルグレー+コバルトブルー+黒
セミグロスブラックとマフラーは普通の黒 あとはちょこちょこ塗り分けで、クリアとフラットベースとでコーティング。
ドールを乗せること前提なので、塗装保護最優先です。


DSC_5573.jpg
DSC_5574.jpg

ホイールはメッキをはがした後にラッカー塗料でシルバーを塗り、その上からエナメル塗料でグレーを塗り重ねて
綿棒でエッジ部を拭き取る手法で、ブレーキディスクも同様に、ラッカーシルバーからのエナメルブラックでディスク面拭き取りです。

DSC_5575_201508272254048f5.jpg
DSC_5580.jpg
DSC_5583_2015082722542032e.jpg

フロントカウルは組み付けるときにすごい苦労したなぁ~

DSC_5584.jpg
DSC_5585.jpg

リアサスもちゃんと動きます。

DSC_5587.jpg
DSC_5589.jpg
DSC_5590_2015082722550470a.jpg

ナンバープレートはエレコムのタトゥーシールを使ってみたのですが、かなり印刷が荒いですね~
エーワンのほうがいいのかな??
数字は昔乗っていたバイクのナンバーですが、フォントをもっとちゃんとすればよかったですね
次回の課題です

DSC_5591.jpg
DSC_5594_201508272255209b2.jpg
DSC_5599.jpg

カウル、タンクなどの外装塗装は、普通のシルバーにクリアー吹いただけで
磨きこみなどは今回一切やりませんでした。

DSC_5601.jpg
DSC_5604.jpg
DSC_5613.jpg
DSC_5619.jpg

スタンドはセンターとサイドがそれぞれバネで可動します。
センターはプラだけど、サイドはダイキャストでしっかりしていますね。
ただし、ちょっとした衝撃でフロントが回り、バイクが前進してスタンドが外れて立ちごけする時がありますwwww

DSC_5620.jpg
DSC_5623.jpg

DSC_5632.jpg
DSC_5642.jpg
DSC_5646.jpg

DSC_5618.jpg

パッと見よさそうですが、ピュアニーモのMだと完全に子供サイズで、乗ると手足が届きません(^^;
しかも足が開かないので、しっかり乗ることができない。
ドールに改造が必要か、27cmのボディに換装するかしないとダメそうですね~
まぁそれは追々やるとします。

DSC_0216.jpg

ってことで、かなり作るの大変だったのですが、完成してみるととっても見栄えのする良いキットで
でかいので存在感もたっぷりあるし、ディティールもしっかりしているので、外でちゃんと撮れば実車と間違えそうなぐらいですw
ここのところ雨なので、撮れないのが残念、、、

組み立てているときも、まるで実車を一から組み上げているようで、バイクの構造も理解できるし、なにより愛着がwww
はじめ、カタナなんて変なカタチのバイク、なんで人気があるのかなー なんて思っていたのですが
だんだんとこれがかっこよく見えてきてwww
しかも1100リッターの化けモン、実車は楽しそうだなぁ~ なんて思いはじめw
大型取ったら乗ってみたいなあ~とwww
でも、このバイク高いんですよね~

さて、次はサアラさんがこいつに乗れるように、ドールの改造をしないとねっ
TAMIYA 1/6 SUZUKI GSX1100S カタナ 制作編
前から1/6ドールが乗れるバイクがほしいなぁ~と思っていたんですが
自分のほしいバイクはキット化されていないものばかり。
ハーレーとか興味ないしなぁ~
するともうこのキット一択しかないということで、、、、

TAMIYA 1/6 SUZUKI GSX1100S カタナ を注文~
ん~ あんましカッコいいとは思えないバイクでありますが
ばくおんでも登場してるし、今後のネタとしてもおいしいバイクかな?
ってことでチョイスしてみました。



届いてみると、箱でかっwwww
さすが1/6!

早速組み立て開始~

DSC_9084.jpg

エンジンなどはメッキしてあって、きれいなんですが接着するために接着面のメッキをはがさなければならず
そこが微妙に面倒(^^;
フロントカウルと燃料タンクに合わせ目が発生するので、ここは丁寧に処理したいところ。

DSC_9091_201508272250399ba.jpg
DSC_9093_2015082722504866a.jpg

こんな感じかな~

DSC_9085.jpg

久しぶりに塗装ブースを使えるようにしましたw
前使ったのは去年の12月か~ 半年ぶりだw

DSC_9090_20150827225031353.jpg

星形が特徴的なホイールもメッキでキンキラキンだったので、キッチンハイターでメッキはがし

DSC_0030.jpg

エンジン仮組 ディティールすげーなぁ~

DSC_0070.jpg
DSC_0071.jpg

フレーム組んで、エンジン入れてみた~
おぉ~ でかいっ

DSC_0073.jpg
DSC_0074.jpg

リカちゃんとサアラさんを乗せてみた~
おっ、いい感じ??
サアラさんは足が開かないので、改造する必要があるな

さて、基本工作が終わったので、ここからは各パーツを作って塗装しながら組み立てていく事に。

DSC_0080.jpg

バッテリー、この大きさだと感激w

DSC_0085.jpg

補器関連もちゃっちゃと組んでいきます。
各ワイヤー類とかもちゃんとしてる~~

DSC_0086.jpg

リア完成っ
ここもメッキをはがして、表面処理。

DSC_0087.jpg

サスペンションもちゃんと可動しますよ~

あれ、、、なんか足りないな、、、、、あ、ラジエターが、、、あれ?空冷か、、、
こんなでっかいエンジン空冷で大丈夫なんだろうか、、、、

DSC_0115.jpg

フロントもちゃっちゃと組み付け!

写真だとぱぱっと組んでるけど、実際にはすっごい大変なんだな(^^;
ガンプラなどのほとんどのプラモは、全体を作成し、最後に一気に塗装して完成 な感じなんですが
このキットは各パーツを完成させながら細かく塗装していくという作業を繰り返していかなければならないので
真夏の灼熱地獄の工房にずっとこもりっきりで連日作業(^^;
命を削って作ってます(^^;

DSC_0119_20150827225222782.jpg

タンクとシートを組み付けると、一気に形になってきた!
DSC_0125.jpg
DSC_0128_201508272252392e6.jpg

幼SDも乗れるけど、手が届かないw

ここまで来たらあとは仕上げに入るまでっ
最初ボディをメタルカラーで塗ったら大失敗。
磨いても全然光らないし、ムラだらけだしで一度シンナードブ付けして塗り直し。
シンナー付けしたらプラパテで隙間埋めしたところも流れてしまって、表面処理もやり直しw

結局普通のシルバーを吹いて完成~~~~

DSC_0179.jpg
DSC_0180.jpg

マスキングもばっちり決まって、気持ちE~(*´Д`*)

DSC_0181.jpg

ステッカーを張ると一気にそれっぽくなるね!

DSC_0185.jpg
DSC_0186_20150827225320f74.jpg

今回、ナンバープレートをタトゥーシールを使って作ってみたけど、かなり印刷が荒い。
でも、遠目に見る分にはいいかなー

さて、これにて全工作完了!!

次は完成写真でーす
日光白根 菅沼登山口~弥陀ヶ池~白根山頂~五色沼 ルート その2
日光白根山、いよいよ山頂まで後わずかという所までやってまいりましたっ
ここまで来ると山の様相は一変。
とたんに火山性の岩場になります。

DSC03033.jpg
DSC03034.jpg
DSC03035.jpg
DSC03037.jpg

山頂は結構広く、人も沢山!

えっと、、、どこが山頂かな??

DSC03042.jpg

あったあった、ありました!
11:50分 日光白根山 2578m 登頂!!
むむっ、1時間30分かかってしまった。
急坂手前で息を整えるために休憩したからそんなもんか~?

このとき、行動時間は4時間となり、バイク移動時も道が気持ちよくて多少やんちゃ気味に走ってきたのでw
合わせて6時間、実はそろそろ体力は限界だったw

DSC03043.jpg
DSC03045.jpg

山頂でお昼を食べ、しばし休憩~
いやー、しかし人がいっぱいだ。
自分が登ってきたルートではほとんどすれ違わなかったんだけどなぁ~

DSC03046.jpg
DSC03047.jpg
DSC03049.jpg

さて、、、、休憩してもあんまし疲れが取れないな(^^;
タイムスケジュールも遅れ気味だし、とっとと下山するか。
12:40分 五色沼へ向け移動開始。

DSC03052.jpg
DSC03053.jpg
DSC03054.jpg
DSC03055.jpg

こういうのって火口??
眼下には五色沼が見えますっ
きれいだなぁ~~~~

DSC03057.jpg

登ってきた時とは反対側を下ります。
ここは緩やかだけど、相変わらずのガレ場で滑る滑る(^^;
だんだん左ひざが痛くなってきたゾ(^^;

DSC03059.jpg

鹿発見! しかも、近づいても全然気にしてないw
人間が何もしないってわかってるんですね~

DSC03060.jpg

と、ここまで降りてきた所で前方で地図を見ていたマダムに声をかけられる。
ロープウェイにはどう行ったらいいのでしょうか?
わぉw自分が向かってるのは五色沼方面の避難小屋方向なので、
ロープウェイとは真逆の方向w
そういえば、あのマダム、先刻凄い勢いで自分を追い越して行った人だ。
こっちは膝の痛みでゆっくり下ってるっていうのに、すげーなぁーと思った所なのにw
しかも、聞けばロープウェイ方面の森林限界辺りで、ご主人と待ち合わせしているという
こりゃぁ戻るしかないね~ ってんで、マダムは引き返して行きました。

DSC03061.jpg
DSC03062.jpg
DSC03063.jpg

13:40分 避難小屋着
うーむ、マップ標準時だと40分だけど、1時間かかってしまった。
まぁ、マダムとあーでもないこーでもないと言っていたから、そんなもんか?
とそこへまたしてもマダム登場wwww
えーw 引き返したんじゃないの???
ここまで来たら五色沼方面から戻るとのこと。
しかし、ルートがよくわかっていないらしく、またしてもあーでもないこーでもない、、、、、、
ほんとにこの人大丈夫なんだろうか、、、、つーか、ご主人と待ち合わせは確実に出来なくなっているから
ご主人の立ち回り方も気になるところ。
携帯も入山してから一切電波入らないし、大丈夫だろうか。

とりあえず、このまま五色沼~弥陀ヶ池~座禅山~ロープウェイ に行くルートが一番近いっぽいので
そのルートを指示。
マダムはスタスタ歩いて行きました。。。。つーか、めっちゃ速いんですがっwwww

DSC03064.jpg
DSC03068.jpg
DSC03069.jpg

14:00 五色沼着
いやぁ~ ここはほんと綺麗だわ
ほんとにファンタジーな世界w
ここだけでも来る価値はあるかな~

膝は平地になると痛みが治まるので、ここでゆっくり歩きながら弥陀ヶ池~菅沼登山口へ戻ることに。

14:30に弥陀ヶ池に戻り、そこからひたすら下りの岩場を、痛む左足をかばいながら一歩一歩降りていく。
自分の工程では14:30には駐車場に戻っている時間なんだけど(^^;

DSC_0068_2015080508253822c.jpg

そして、遅れる事2時間 16:30分 菅沼登山口着
もう膝ガクガク、頭も痛いし、体力限界超えてる(^^;
しかし、帰りもバイクで帰らねばならない。
しっかり気合入れなければっ

ただ、バイクに乗ると元気に走れたので、どうやらまだ大丈夫そう。
ゆっくりおとなしく走りながら、帰宅したのは19:00

登山時間 約8時間 いやぁ~ 今回は完全に自分の体力を見誤った危険な行程でした。
下山はまさに苦行、こんなんちっとも楽しくない~~
家に帰って詳細にルート計算し直したら、今回のルート構成で7時間はかかることになっていた(^^;
前回の妙義中間道6時間でもそうだったけど、登山初心者の自分にはまだまだこのレベルの登山は無理っぽい
行動時間4時間以内におさえた軽登山をもう少し繰り返し、家ではトレーニングを欠かさず、体重も落してからでないと
このレベルの登山はまだ無理なんだなぁと痛感。 まさに痛かったw
行程計画も甘すぎだし、こんなギリギリの登山では他人に迷惑をかけるだけ。
ここは素直にロープウェイ~山頂ルートの往復コースを選択すべきでしたね。

今回はそういう事がわかって、自分にとっては重要な登山経験となったのかな?
山は素晴らしかったし、今度は体力筋力を付けて、もう一度リベンジしたいですねっ!



来年の富士山に向けて、しっかりした準備しないとダメって事がよーくわかりましたっ
日光白根 菅沼登山口~弥陀ヶ池~白根山頂~五色沼 ルート その1
今年は夏休みが無いと思っていたのですが、突然仕事に空きが出来たので一週間のお休みをいただきましたっ!
うーわー、なんも考えてなかった~~
でも、当初から予定していた谷川岳登山を決行するぞ!と意気揚々と家路について、テレビをつけると
谷川岳ロープウェイは大雨の為運航中止
再開はお盆過ぎになるとか、、、、、、
なんてこったい!
まぁでも、考えようによっては、大雨の危険の中行かなくて良かったのかもっテヘ

さて、そうすると何処か手ごろなお山はありゃしませんでしょうか、、、、、、いろいろ調べると、ありました!
日光白根山
関東以北最高峰!森林限界を超えるッスよ!!!
うおぉ~ ここ!ここにきめたっ!
早速準備して、天候と相談して登山日決定!
登山届をネットで提出して、一日型の登山保険にも入って、おなか痛くなると困るので前日から食事に気を使って
いざっ、しゅっぱーつ!!

5:30に家を出て、下道でぶぃ~んと走って、7:45分 菅沼登山口に到着~


DSC_0033_20150805082357cc9.jpg
DSC_0034_20150805082417360.jpg

おっ、バイクは500円だって~ 
てか、人居ないんだね~ これって、、、、、げふんげふんww

丸沼高原からロープウェイに乗って登るルートが人気のようですが、ロープウェイが往復2000円もとられるので
少ないお小遣いからガソリン代やらなんやら捻出しなければならないオイラとしては、お財布に優しい菅沼ルートで!
このとき、あんな事態になるとは夢にもおもいませんでした、、、、、

登山準備をして、さぁイザ出発!! と気合を入れた瞬間、おなかに激痛が!!
むうっ!! あれだけ前日の食事に気を配ったというのに、このタイミングで!!!
しかしあわてるな、地図によると、この駐車場にはトイレがあるというではないか、、、トイレ、、、トイレ、、、、
無い!
ロープウェイ乗り場まで移動するか? いや、もはや一刻の猶予も無い切迫した状況。絶対絶命である
この窮地を乗り切るには、最終手段を実行するしかあるまい、、、、、、
素早く辺りを見回す。よし、誰もいない。

DSC_0035.jpg

駐車場脇の森の中にずんずんわけ入り、くぼ地を発見。
ズボンとパンツを一気に下ろし、静かに腰を下ろす。
(業界用語で キジ撃ち という)
大自然の中に、自分の生きた足跡を残してまいりました、、、、、
しかし、神はまだ私に過酷な試練を与えたもうたのである。
紙が無い
一瞬真っ白になる、しかし、ここであきらめてはだめだ!
ピンチをチャンスにかえるとき!
そう、目の前に代用品は沢山あるじゃないかっ アダムとイブがそう微笑みかけて、自分たちの装着しているソレを
差し出してくれているようです!
手ごろな大きさの葉っぱをむしり取り、数枚を使用し事なきを得ました。

後日、ネットで調べると、キジ撃ちはかなり愛好者が多く、諸兄らによる研究、作法が確立している
山の文化の一つであるという事がわかりました。
次回はかならずトイレットペーパーを持参いたします。芯を抜いて。

そんな微笑ましいアクシデントで出発時間が大幅に遅れ、8:15分、菅沼登山口出発

DSC02971.jpg
DSC02972.jpg
DSC02974.jpg
DSC02977.jpg
DSC02978.jpg
DSC02979.jpg

最初は緩やかな登りで、順調にすすんでいきます。
足場がごろごろ転がってる岩で歩きにくいですね
なんかつっかえ棒してる岩が、、、、

DSC02980.jpg
DSC02984.jpg
DSC02986.jpg
DSC02988.jpg

この山はとっても雰囲気が良くて、ファンタジーな感じですw
動物の足跡はっけんーん 鹿っぽいですね
そして、今回の新兵装はこの折りたたみ椅子
とっても小さく折りたためるのでバイクに登山に活躍してくれそう!
ただし、メーカー品じゃないのですぐ壊れそうだけど、、、値段半分以下なのでOKw

DSC02995.jpg
DSC02996.jpg

おっ、今話題の電気柵がっwwwww

DSC02997.jpg
DSC03000.jpg
DSC03002.jpg

10:10分 弥陀ヶ池到着
ふむ、登りは2時間か ちとペースが速いな

DSC03003.jpg
DSC03004.jpg
DSC03009.jpg
DSC03010.jpg

とっても綺麗な池ですっ!
これから登る山頂もでーんと見えますね!

DSC03013.jpg
DSC03015.jpg
DSC03019.jpg
DSC03022.jpg

さぁ、ここからだんだんと木が少なくなってきます!

DSC03023.jpg
DSC03025.jpg
DSC03027.jpg
DSC03028.jpg

ここからはひたすら崩れやすいガレ場を登っていきます。
結構な急斜面だし、なかなか大変です(^^;

DSC03030.jpg
DSC03031.jpg

登りきると、ちょっと危険な岩場にたどり着きます
妙義の奇石めぐりしてなかったらかなりビビっていたでしょうね(^^;
そこから山頂は目の前ですっ!

DSC03032.jpg
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。