FC2ブログ
ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
クシャトリヤ完成!


ついに完成しました!
DSC_3456_001.jpg

NZ-666
NEO-ZEON Prototype Mobile Suit For NewType

いつものごとく、ガンダムマーカーで墨入れ&部分塗装&つや消しトップコート仕上げです
装飾部は付属シールで済ませてます(^^;
今回は塗装するかな、、、と思ったのですが、、、、まぁいいやとw
でもそれなりに仕上がるところが素晴らしいですね~

DSC_3457_001.jpg

クシャトリヤとは、インドの階級制度の中で王族、武人を意味する言葉です。

ガンダムユニコーンに登場するNT専用MSです
怖いおねぃさん マリーダ・クルス中尉が操る序盤でのライバルMSで
4つのバインダーにはそれぞれ6機のファンネルが搭載されています。

ちなみに、説明書に 第一次ネオジオン戦争時に投入されたNT専用MSのパイロットとして
育成されていた過去を持つ と書かれていますが、、、、、
それを言っちゃう!?(^^;
これだけで、感のいい人は、、、、アレか、、、とわかってしまうではないですかっ(^^;

DSC_3484.jpg

また、このバインダーには 隠し腕 が存在し、それぞれがビームサーベルを内蔵した
マニュピレーターを展開することが可能です

DSC_3486.jpg

本来の用途は、ファンネルを回収するための腕です
バインダーに収めて、充電しますw

DSC_3470.jpg

腕6本ですねw

DSC_3468_001.jpg

こんなのどーやっても勝てそうにありません(^^;

DSC_3463_001.jpg

同スケールのEx-sと並べてみても、、、ガンダムの中でも巨大なEx-sが小さく見える(^^;

さらに、MGキュベレイと並べても、違和感が無い(^^;

DSC_3458_002.jpg

DSC_3459_001.jpg

噂どおり、キュベレイよりもバインダーがでかかったです(^^;
もし1/100でクシャトリヤが出るとしたら、、、、PG並のでかさになるんだろうか(^^;

DSC_3466.jpg

デカイので、格納時はちじこまってますw

DSC_3480.jpg

DSC_3483.jpg

バインダーは重いので、このような間接ロック機構が入ってます
デザインを殺さずに組み込むとは、、、さすがっす

DSC_3487.jpg

肩は面白い可動構成になってますね~
御覧のとおり、クインマンサと同系列のデザインですね
サイコフレームを組み込んだことによりクインマンサの機能を継承しつつ
機体のダウンサイジングに成功したのです

DSC_3488.jpg

ちゃんと肩もスイングします
HGなのにすげーなぁ

DSC_3481.jpg

今回、モノアイスリットを広げてみました。
手を加えた部分はそれだけですね~

DSC_3473.jpg

ラフレシアっぽいw
ガメラみたいに噴射光を揺らめかせて飛んで欲しいなぁw

DSC_3491.jpg

HGUCでありながら、アクションベース1での対応となりますw
しかし、角度つけが難しいのが難点ですね~
その分しっかり固定されてるので、安心感はあります。

ということで、HGUCクシャトリヤ、まずは箱の大きさに圧倒され、完成してからのパーツの大きさに
さらに圧倒され、ディスプレイスペースも他を圧倒し、、、、

圧倒されっぱなしじゃないかっ!w

もう、ガンプラに 出来 だのなんだのの評価は無意味ですね(^^;
出来がいいのは当たり前になってしまった感があります。
ゆえに、何買ってもハズレはないでしょう

しかし、やっぱりHGUCでしたね~
箱はでかかったけれど、それはパーツ単位で巨大であるだけで、実はそれほどパーツ数も無く
MGに比べれば半分以下の労力で組みあがってしまいます。
だって、MGを3ヶ月平均で組むおいらが、クシャトリヤは3日で組んで、1日塗装、1日撮影
計5日で完了してしまったのですから~~~
製作に関しては、歯ごたえはあまりありませんでした(^^;

是非MGで!無理!w

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.