FC2ブログ
ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
LEDライトセーバー


マイミクさんが面白いものを作っていたので、オイラもまねしてみた~

LEDライトセーバー

これを使うとこういう写真が撮れます~
DSC_3815.jpg

これがライトセーバーですww
しかも、LEDではなく、蛍光ランプですw

ダンボール箱をこのように箱型に作り、内部にアルミホイルで反射させ、フツーのコピー用紙を
ディフューザーに使い、外装は黒い紙を貼り付けて完成~

製作時間30分ですw

DSC_3817.jpg

これを持って、部屋を真っ暗にして、カメラを三脚に固定して約10秒開放させます。
その間にこのライトセーバー(w)を動かして、被写体に満遍なく光が当たるようにします。

するとこのような無影撮影ができるって寸法です。
この技法事態は別段特別でも新しくもなく、光の効果として芸術性の強い作品作りには取り入れられて
たりするのですが
スタジオ撮影のかわりに使えるというのは面白いですね~
オイラもカメラを始めて手にした頃は、夜中に車にライトをあてて、車だけを浮かび上がらせる感じの
写真を撮ったり、顔だけが浮かんでるような写真を撮ったりして遊んだのを思い出しましたw


普通に内蔵フラッシュを使った場合は

DSC_3809.jpg

まぁこんなもんですよね
影がきつくなってしまいます。

DSC_3810.jpg

室内の照明だけだと、、、、こんな感じですね~


最初の写真のような撮影をするとなると、通常は外部ストロボを3つとか用意しないといけないのですが
このライトセーバー(w)なら 0円で可能ですw

DSC_3806.jpg

ただし、光を当てる時に発光面がカメラに向いてはいけません
このように心霊写真のように光が写りこんでしまいます~

しかし、、、うちのライトは光が強すぎたかも(^^;
2秒とかで十分かと、、、それだと光を当てる時間がないんですよね(^^;
もっとディフューザーを厚くして光を弱くするかなぁ

なかなか面白い機材が出来たので、後で何かもっとちゃんとした撮影をして検証してみようとおもいます~

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
 おいらの実験と同じやり方! ですね。
 ただこっちはズボラを決め込み、リフレクタもディフューザも使わなかったけど(^_^;)。

 蛍光灯だと光量が多すぎる傾向があるみたいなので、やっぱりLEDの方がいいかもしれませんね。
2009/11/18(水) 09:39:25 | URL | LIC #APhu9Oz6[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.