FC2ブログ
ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
パーツ販売終了です(^^ノ


SD用DD互換ボディ 2分割ver 完売ありがとうございます(^^ノ

これで私が作ったドールパーツの販売に区切りがつきました~~
沢山の方のお手元に渡り、とても感謝しておりますっ

DSC_1868.jpg

うちのパーツフル装備だと、ほぼDDと同じサイズになりますっ
2分割ボディ&脚&腕
この3セットをご提供させていただいておりましたっ

DSC_1869.jpg

もともと、京天使 白蓮をお迎えしたとき、中性であるという設定の天使ボディに満足できず
俺の理想はこんなんじゃねー ってんでDD互換ボディを作り始めましたw

最初は球体間接人形らしく、3分割ボディで製作~
体のバランスはおもいっきり私の好みでしあげましたw

しかし、露出の多い服装をさせるとちょっと分割ラインが気になるのと
2分割がはやっていたのでw 新バージョンとして2分割もつくりました。

DSC_1880.jpg

分割ラインは胸のアンダーラインにありますので、ブラをつければ見えなくなります。
ボディサイズも、よりDDに近づいた寸法となり、DD衣装を違和感無く着せることが出来るようになりました。

DSC_1893.jpg

そして、オリジナルロング脚です

DSC_1890.jpg

DDと同じ股下31cmというとてつもなく長い脚ですw
太ももの回転機構でさまざまな座りポーズが可能です

DSC_1896.jpg

ぺたんこ座りやあぐらも出来ます。

DSC_1918.jpg

ひざは2重関節になっています。

DSC_1919.jpg

私は、これがどうにもカニの脚に見えてしまってw 製作コードネームは カニ脚 でしたww

DSC_1897.jpg

座り時のラインもこだわりポイントですw
もちろん、純正の脚をつけたり、純正のボディにロング脚 ってのもアリです

DSC_1907.jpg

純正パーツって、やっぱ綺麗な造詣ですよね
自分で作ってて、あらためてプロの仕事はすごいなぁ~と感銘をうけました。
私のはアマチュアのガレージキットですが、、、この脚は自分の複製技術を数段ステップアップさせて
くれましたね!

DSC_1902.jpg

生産率は70%ぐらいでしたかね~
とても難しくて、月に2セットできればいいほうでしたw
それに、これを作るとき、複製方法を経験豊富ないろんな方に相談したら
だれもが「無理」と答えるばかり(^^;
道理を蹴っ飛ばして無理を押し通す!w
ってんで、無い知恵振り絞って複製に成功したときは どや顔でしたねwww

DSC_1915.jpg

最後は腕
もともと作る予定はなかったんです
ところが、SDの腕ってけっこう太くて、着れないDD用衣装もちらほらあります。
自分で持ってる衣装の中にも着れないのがあって、じゃぁ作ってみるか~って軽いノリではじめたのですが
これが難しかった(^^;

DSC_1911.jpg

どうせ作るなら2重関節にしよう~ と決めていたのですが
いざ作ろうとおもうと、設計段階で間接の構造がぜんぜん決まらないのです(^^;
球体間接人形って、なんとなくアバウトなイメージをもたれるかもしれませんが
実は可動部の設計はすごく難しいんです。
ロボットのような軸駆動(点)ではなく、立体的な表面をなぞる3次元の間接なんです(面)
実は緻密な計算が必要なんですよ(^^;

なので、自分はまず図面をひいて、それをPCでワイヤーフレームにして可動シミュレーションをする
という事をしていましたwww
単純な球体を間接にぽんぽん組み込んでいくのならそんなに難しく考えなくていいのですが
見た目を考えると変形間接にしたいじゃないですか~

そんなこんなで、一番軽い気持ちで挑んで、どつぼにはまった腕でしたw

DSC_1908.jpg

ということで、これですべてのパーツ販売が終了しました(^^ノ
残念ではありますが、これらのパーツは再販の予定はありません
今まで御贔屓にしていただいた皆様、本当にありがとうございました(^^ノ
同じ方に何度も買っていただける、こんなにうれしいことはありませんでした。
今後も私のパーツを使っていただけるなら、これほどの幸せはありません。

って、なんだかドールをやめるような雰囲気になってしまいましたね(^^;
パーツ販売終了のひとつの区切りとしてのまとめですw
まだまだドール者としてやっていきますので、よろしくお願いいたします(^^ノ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.