FC2ブログ
ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
JAXAへいってきた!
牛久大仏からの続き!

お昼はつくばでランチ!

行きつけのお店があるのですよー(*´Д`*)
自分、昔は1年の1/3はつくばにいたので、第2の故郷って感じなんです~~

いつも自分が行くお店に家族も連れて行きたかったのです

メキシコ料理!

IMG_0662.jpg

エルトリートっていうフランチャイズなれストランなのですが
これがなかなか、本格メキシカンで美味いのですよ!
店舗も少なめなので、自分の行動範囲でこれが食べれるのはつくば店のみ
つくばに来たときのひそかな楽しみなのであります(*´Д`*)

IMG_0661.jpg

インカコーラw
黄金のコーラなのです、エルドラド的なw
味はメロンソーダっぽいかな~
まずくは無いです


お腹も満足したことだし、いよいよ今回のメインイベントへいきましょう!

JAXA!!



JAXAおなじみのH-Ⅱ
あれれ、おもったよりも小さいな~
ロケットってもっとツルツルしてるもんだと思ってたんですが
リベットやらモールドやらでけっこうゴツゴツしてるんですね~

DSC_3204.jpg

いつも気になるブースターの中身、、、、くそう、、、こいつもふさがれてやがる、、
中はどーなってるんだー

DSC_3208.jpg

しっかし、、すげぇなぁ~
こんなのが何万トンもの推力をうみだすのかー

DSC_3207_1.jpg

センサー注意って張ってあるw


それでは、展示室にはいってみましょう~~

DSC_3209.jpg

展示室はこれ一つだけなんですよ~
体育館一個分ぐらい?
なので実はあまり期待していなかったのです、、、、が

DSC_3212.jpg

う、、宇宙キター!!

フォーゼのOPで写ってるところですね!

地球の上にいろいろ飛んでますw

DSC_3213.jpg

まぁ、この辺はただの模型ですが、、、

DSC_3216.jpg

実験用静止通信衛星「さくら」(CS)
日本における実用衛星通信システムを実現するための実験衛星で、各種の通信実験が行われました。
「さくら2号」(CS-2)は、非常災害時通信、離島通信など国内公衆通信及び公共通信に利用され、
さらに、将来の通信衛星に関する技術開発にも役立てられました。

、、、ホンモノだ、、、

展示されているものは、実際の人工衛星のプロトタイプだそうで
宇宙にあるものとまったく同じものだそうです、、、、すげぇ!

DSC_3217.jpg

そして、ひまわり!

静止気象衛星「GMS」シリーズは「ひまわり」の愛称で知られ、世界気象監視計画の一環として宇宙からの
気象観測を目的に東経140度の静止軌道上に配置された衛星です。
この衛星から送られる地球雲画像の観測データは、テレビ、新聞等の天気予報を始め、さまざまな分野で
利用され、日常生活にもなじみ深いものとなっています。
「ひまわり6号」以降は、運輸多目的衛星とその活動範囲を広げ、現在気象庁で観測、運用されています。

ひまわりってこんなにでっかかったんだ!
テンションがあがってきました!w

DSC_3219.jpg

技術試験衛星VII型「きく7号」(ETS-VII)
「おりひめ・ひこぼし」と言う愛称で、将来の宇宙活動において必要なランデブ・ドッキング技術や
宇宙用ロボット技術を修得することを目的とした人工衛星です。
この衛星は、チェイサ衛星(ひこぼし)とターゲット衛星(おりひめ)の2機の衛星から構成されており、
2機は打ち上げ後宇宙空間で分離し、自動操縦により分離や接近・ドッキングを行う
ランデブ・ドッキング実験を3回実施しています。

宇宙で分離合体するんだぜ!!かっけー!ww
下が彦星、上が織姫です!

DSC_3222.jpg

DSC_3223_20120213203714.jpg


ETS-VIII(きく8号)
H-IIAロケット11号機により打ち上げられた8番目の技術試験衛星で、携帯電話やモバイル機器など
通信需要の増大へ対応するものです。
衛星全体の重量はおよそ3トン。この衛星は2つの大型展開アンテナおよび2つの太陽電池パドルを持ち、
端から端までが40メートルの大きさになります。大型展開アンテナ1枚の面積はテニスコート1面分ほどです。
静止衛星としては世界最大級のサイズとなり、この大きさが、現在の携帯電話端末と同程度の大きさの
端末でありながら、日本列島全域をカバーする静止衛星と直接通信を可能にし、移動体通信をこれまで
以上にスムーズに行えるようにするのです。現在、金属のメッシュ(網)を用いた大型展開アンテナや
高出力中継器、衛星搭載交換機の技術開発を行なっています。この展開アンテナの技術は、今後広く
大型の宇宙構造物への応用することが可能です。

こんなパネルを展開するのかよ、、、、かっこよすぎです!


DSC_3225_20120213203744.jpg

だいち ALOS
Advanced Land Observing Satellite(陸域観測技術衛星)の略で、世界最大級の地球観測衛星です。
地球資源衛星1号「ふよう」(JERS-1)と地球観測プラットフォーム技術衛星「みどり」(ADEOS)の開発と
運用によって蓄積された技術をさらに高性能化したもので、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査
などへの貢献が目的です。
観測機器としては、標高など地表の地形データを読みとる「パンクロマチック立体視センサ(PRISM)」
土地の表面の状態や利用状況を知るための「高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)」、昼夜・天候に
よらず陸地の観測が可能な「フェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ(PALSAR)」の3つの
地球観測センサを搭載し、詳しく陸地の状態を観測する機能を持っています。

でかい、、、こんなにでかいものを飛ばすのか、、、すげぇな~


次はISS関連です

DSC_3220.jpg

DSC_3224_20120213203729.jpg

まぁ、ISSは模型ですが、、、

DSC_3226.jpg

これが日本の実験室、きぼうの内部です、、、広い?狭い?(^^;
宇宙空間でこれだけの空間しかないというのは、はたしてどんなものなのだろうか~

DSC_3227.jpg

窓から船外実験プラットフォームがみれます

DSC_3232.jpg

DSC_3229.jpg
そしてこれ、こうのとり、、、、でかすぎ!ww

DSC_3231_20120213203856.jpg

「こうのとり」は、H-IIBロケットにより打ち上げられる無人の宇宙船で、食糧や衣類、各種実験装置など
最大6トンの補給物資を地上約400km上空の軌道上にある国際宇宙ステーションに送り届け、補給が済むと
用途を終えた実験機器や使用後の衣類などを積み込み、大気圏に再突入して燃やします。一連の補給作業に
は、国際宇宙ステーションとのランデブーやドッキングも行われるため、優れた安全性が要求されますが、
日本は技術試験衛星VII型(おりひめ・ひこぼし)で培ったランデブー技術を基に、H-II/H-IIAロケットの
開発で得られた機体設計技術、「きぼう」日本実験棟の有人安全技術なども適用し、低コストで信頼性の
高い輸送手段としての実用化をめざしました。また、「こうのとり」の運用を通じて、将来の
フリーフライヤーや有人輸送の基盤となる技術の蓄積が可能となります。

これが宇宙のデリバリーカーゴなのです!

しかも自分で勝手にドッキングするのです!
でも最後はゴミ箱です!。・゜・(ノД`)・゜・。

DSC_3233.jpg

DSC_3236.jpg

LE-5B
「H-IIロケット」の第2段エンジンである「LE-5A」エンジンの改良型で、
「H-Iロケット」の第2段エンジンとして国内で開発された「LE-5」エンジンに順次改良を加え、信頼性が
高いエンジンへと進化したエンジンです。
「LE-5B」エンジンは、「LE-5A」エンジンと同様に軌道上で複数回燃焼させることができる複数回着火機能
を持ち、「H-IIA/H-IIBロケット」の第2段に適用されています。

DSC_3237_20120216221525.jpg

LE-7A
「H-IIロケット」の第1段メインエンジンとして、わが国が独自で開発した
「LE-7」エンジンの改良型で、「LE-7」エンジンを踏襲し、少ない推進薬で効率良く推力を発生する
ことができる燃焼方式である二段燃焼サイクルを採用しています。この二段燃焼サイクルとは、まず
液体水素と液体酸素の一部を予備燃焼させて、そのガスでターボポンプを駆動し、その後残りの液体酸素を
加えて再度燃焼させます。「LE-7A」エンジンは、「LE-7」エンジンに比べて、タービンから主燃焼室に
かけての溶接個所を大幅に削減,エンジンコンポーネントの艤装の簡素化,ターボポンプの設計改良等に
より、より信頼性を高め、コストを削減しました。
現在運用中のH-IIAロケットの第1段には1台、H-IIBロケットの第1段には2台の「LE-7A」エンジンを
搭載しています。

でっかいカタツムリがついてますよーwww
いつもロケットエンジンを見て不思議におもうのですが、こんなにも華奢なつくりをしているのに
これが何百トンという質量を一気に押し上げられるほどの強度だということが
どーも納得いかんのです(^^;
すげーなぁ~~

っていうか、噴出し口を見せてくれ!!

DSC_3242.jpg

かぐや
主衛星(月周回衛星)と、2機の副衛星「おきな」(リレー衛星)・「おうな」(VRAD(ブイラド)衛星)から
構成されています。主衛星は高度100kmの極周回円軌道に投入されました。「おきな」はその途中の遠月点
高度2400kmの楕円軌道に乗り、月の裏側の重力場計測のため地上局と主衛星との間の通信を中継しました。
「おうな」は遠月点高度800kmの楕円軌道に投入され、電波を送信することで月の周りの重力場を測る役割を
担いました。
2009年6月11日、運用を終えた「かぐや」を、東経80.4度、南緯65.5度へ制御落下させました。

かぐやもこんなに巨大な衛星だったとは、、、しかも他の衛星とちがって黒い!
なんで黒いんだろー
JAXAの解説のおっちゃんが言ってました
かぐやって名前つけたから、月にいったきりで帰ってきません とwww

DSC_3248_20120216211330.jpg

そのかぐやの観測データをもとに作られたつきの模型

フォーゼのOPで主人公がさわってるやつです!ww

DSC_3249.jpg

そして絶対に見れない月のうらがわ!
うぉぉ、、模型のくせにいっちょまえにホワイトバランスくずしやがってwwww
本物の月みたいじゃないかっww

赤い点のところにスマホみたいな端末をかざすと、その地点の説明が表示されます。
全国の科学館に販売してるそーですので、皆さんの地元でもあるかも?

DSC_3241_20120216211303.jpg

そして最後はやっぱりこいつ!

僕の名前ははやぶさく~ん!、、、、の1/2の模型です! ガ━(゜Д゜;)━ ン !!!
な、、なんでこれは試験モデルじゃないのさーよー。・゚・(ノД`)・゚・。
これが主役といっても過言じゃないでしょうに、、、
そして解説のおっちゃんが言ってました。
いろいろ映画になっておりますが、うちの娘が言うには、だいぶ違うと、、、

さりげなく娘さんがやはぶさチームの一員なんだとアピールしておりましたwww


以上がJAXAの常設展示であります!!

事前に申し込む見学コースなどもあり、管制室に入れるコースもあるんです!(要身分証明)

いやぁ、、、わたくし、侮っておりました。
事前の調査では、たいした展示でもないし、肩透かしかなぁ~ と覚悟していたのですが、とんでもない!
ここだけで一日つぶせるほどに濃い展示物ばかりで、また足を運びたくなります!
今度筑波に仕事に来たときには、1人で遊びにこようwwww

おみやげに宇宙食を買ってかえってきました(^^ ノ
まだ食べてないけれど~

ってことで、、、最後にもう一度

宇宙キター!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.