FC2ブログ
ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上毛かるたの旅 「ひ」 「む」 「ゆ」 「ね」 「え」
翌日も代休を取ったので、前回に引き続き上毛かるたの旅に出かけましょう~
今日は富岡方面へ

まずはここ!

ひ 白衣観音慈悲の御手



1936年(昭和11年)、実業家の井上保三郎によって建立された鉄筋コンクリート製の観音像で、高さ41.8m、重さは5,985t。原型製作は伊勢崎市出身の鋳金工芸家・森村酉三(日展・無鑑査)によるもので、黒川竜玉が施行の指揮をとった[2]。

観音山の山頂、標高190mの地点にあり、建立当時は世界最大の観音像であった。内部は9層に分かれており、20体の仏像が安置されている。最上階(観音像の肩部分)からは高崎市街地はもとより、群馬県の主要な山々から八ヶ岳等まで一望できる。[2]

高崎観音を中心として、遊園地「カッパピア」などが整備された(「カッパピア」は2003年11月30日に閉園)。現在でも染料植物園や洞窟観音などがあり、自然歩道が整備されている。

1962年(昭和37年)に公開された映画『キングコング対ゴジラ』では、ゴジラが高崎観音と対峙するシーンが撮影されているが、本編ではカットされた。
(wikiより)

高崎市民にはおなじみ、観音様でありますっ
絵札だとほっそりしてるけど、実際には結構ぽっty、、、、、

DSC02494.jpg

子供の頃は併設遊園地のカッパピアの1回宙返りコースターが憧れでね~~w
夏にはプールに行ったりと、昭和の高崎市民の憩いの場でありました。
夜は軟派スポットだしね~wwww

観音山の駐車場に止めたら、管理人に話しかけられました(^^;
自分もバイク乗ってるけど、もう寒くてだめだね~ とかなんとか、、、、
なんなのもうw

DSC02496.jpg

山頂からは高崎~前橋がよく見えますね
これは高崎市役所

DSC02497.jpg

奥に群馬県庁が見えます。
今日は昨日とうってかわっていい天気!
こんな日に浅間山に行きたかったなぁ~

DSC02495.jpg

さて、お次は~

む 昔を語る多胡の古碑

DSC02499.jpg

多胡碑(たごひ)は、群馬県高崎市吉井町池字御門にある古碑(金石文)であり、国の特別史跡に指定されている。山ノ上碑、金井沢碑とともに「上野三碑」[1]と総称される。また、書道史の上から、那須国造碑、多賀城碑と並ぶ日本三大古碑の一つとされる。建碑は、その内容から8世紀後半とされる。

碑身、笠石、台石からなり、材質は安山岩、碑身は高さ125センチメートル、幅60センチメートルの角柱で6行80文字の楷書が丸底彫り(薬研彫りとされてきたが、近年丸底彫りであることが判明した)で刻まれている。笠石は高さ25センチメートル、軒幅88センチメートルの方形造りである。台石には「國」の字が刻まれていると言われるが、コンクリートにより補修されているため、現在確認できない。材質は近隣で産出される牛伏砂岩であり、地元では天引石、多胡石と呼ばれている。

DSC02501.jpg

碑文
弁官符上野國片罡郡緑野郡甘

良郡并三郡内三百戸郡成給羊

成多胡郡和銅四年三月九日甲寅

宣左中弁正五位下多治比真人

太政官二品穂積親王左太臣正二

位石上尊右太臣正二位藤原尊

現代語訳
弁官局からの命令である。上野国の片岡郡・緑野郡・甘良郡の三郡の中から三百戸を分けて新しい郡を作り、羊に支配を任せる。郡の名前は多胡郡とせよ。これは和銅4年3月9日甲寅に宣べられた。左中弁・正五位下多治比真人。

太政官・二品穂積親王、左太臣・正二位石上尊、右太臣・正二位藤原尊。

解説
この碑文は、和銅4年3月9日(711年)に多胡郡が設置された[2]際の、諸国を管轄した事務局である弁官局からの命令を記述した内容となっている。多胡郡設置の記念碑とされるが、その一部解釈については、未だに意見が分かれている。

特に「給羊」の字は古くから注目され、その「羊」の字は方角説、人名説など長い間論争されてきた。現在では人名説が有力とされている。また人名説の中でも「羊」氏を渡来人であるする見解が多く、多胡も多くの胡人(中国北方の一族)を意味するものではないかとの見解もある。近隣には高麗神社も存在することから、この説を有力たらしめている。
(wikiより)

ほほう、、、日本三大古碑だったとは、、、
しかし、これも調べるまではどこにあるのかわかりませんでしたw
辺鄙なところにあるしw

DSC02502.jpg

隣に資料館みたいなのもあるので、入ってみるのもいいかもネ

さて、お次は

に 日本で最初の、、、、、

DSC02514.jpg

あれ?あれれ?? かるたが無い!
ぐぅ、、、かるたを忘れてしまったようで、、、、、これではノーカウントです、、、残念。

世界遺産にも登録された富岡製糸場
平日だというのに人がいっぱいです!
こりゃ~休日にはものすごいことになってそう、、、、、
自分はかるたが無いのでさっさと退散です(^^;

ここでお昼に~
昨日、寒さのあまりに食べたくて仕方の無かったラーメンを食べます!
しっかし、、、、今日は暑い!!wwww
昨日と同じ冬装備なんですが、もう汗だくw
ラーメン屋の駐車場で衣類を脱ぎ捨て、汗かきながらラーメン食べました、、、、
これは何かの罰ゲームなんでしょうか、、、

今日はしっかりお昼休憩がとれたので、気を取り直して次へ!

ゆ ゆかりは古し貫前神社

DSC02519.jpg

群馬県南西部、鏑川左岸の河岸段丘上に鎮座し、信州街道に面する。当社は物部氏が祖神を祀ったことに始まり、古代には朝廷から、中世以降は武家からも崇敬された。

境内は正面参道からいったん石段を上がり、総門を潜ったところから石段を下ると社殿があるという、いわゆる「下り宮」と呼ばれる配置となっている。社殿は江戸時代に第3代将軍徳川家光・第5代綱吉により整えられ、本殿・拝殿・楼門等が重要文化財に指定されている。また、鹿占習俗(国選択・県指定無形民俗文化財)を始めとした多くの特殊神事を行っている。
(wikiより)

なんと、この神社が群馬県で一番えらい神社なのです!
知らなかった~~
初めて来た~w
こんな立派だったとは~w

DSC02521.jpg

いやぁ、こうして旅してみると予想外の驚きがあるんですね~

DSC02523.jpg

なかなか煌びやかであります。

DSC02522.jpg

正月に来たい感じですが、人が凄そうだな~

DSC02524.jpg

さて、まだまだ行きますよ~

ね ねぎとこんにゃく下仁田名産

DSC02526.jpg

我が国では、「日本書紀」にネギの名が出てくるほか、平安に編集された「本草和名」にも書かれています。

下仁田ネギについての由来は明らかではないが、江戸文化2年11月8日付で『ネギ200本至急送れ、運送代はいくらかかってもよい』という趣旨の江戸大名、旗本からのものと思われる名主宛の手紙が残されており、当時すでに下仁田ネギが栽培され、珍重されていたことがわかっています。

下仁田ネギは別名「殿様ネギ」と呼ばれるのはこのためです。
(下仁田町HPより)

こんにゃくは、なんで下仁田なんだかよくわかりませんwww

下仁田ねぎは 道の駅しもにたで購入しました。
今回の折り返しポイントです。
このねぎがうまいんですよ~~~~~~
焼いてよし、煮てよし、太くて甘くて、まさに葱の殿様やぁ~
お土産に是非

こんにゃくは こんにゃくパーク へ行きました

DSC02503.jpg

ヨコオデイリーフーズがぶちたてた、工場見学型無料こんにゃく試食アミューズメント ですw

DSC02504.jpg

入場無料です。
ただし、入場する際には代表者が名簿に記入するようになっています。

DSC02507.jpg
DSC02508.jpg

きれいな工場で、こんにゃくの製造過程がよくわかり、、、、、実はあんまり過程がなくて
すぐこんにゃくができる感じでしたw

さて、本番はここからです、、、、

DSC02510.jpg

工場見学したあとは、無料こんにゃくバイキングが待ち構えています!

DSC02512.jpg

好きなだけこんにゃくが食べられます!
しかもうまいです!
食べると欲しくなりますw
そしてお土産に購入するのですwwww
自分も撮影用ノーマルこんにゃくと、試食でおいしかったこんにゃくバナナ味w を購入~
アンケートに答えたら、さらにこんにゃく一つもらえました!
こんにゃく麺が結構うまかったので、後で買ってもいいかも~

無料だからとほいほい入って、出るときには沢山買わされてる典型的なパターンですwww
不思議だったのが、平日なのに若い女性グループがやたら多かったんですよね~
なんでだろ?
そんな中を、おいらはプロテクターフル装備でボッチ観光してきましたYO!
もう恥ずかしくなんてないもんね!

さぁ、今日の旅も最後となりました~

え 縁起だるまの小林山

DSC02531.jpg

達磨寺(だるまじ)は、群馬県高崎市にある黄檗宗の寺院。山号は少林山。「高崎のだるま市」で有名な寺である。また建築家ブルーノ・タウトが2年ほど過ごし、助監督時代の黒澤明が脚本化した「達磨寺のドイツ人」の舞台でもある。
(wikiより)

正月はだるまを買いに並んだんですが、これがめちゃくちゃ寒くて列が長くて、あきらめて帰った思い出がありますw

DSC02528.jpg

だるまが沢山です。
ここでだるまを購入すると、開眼してくれるんですよ~

でも、、、、そのだるま君はいまだに片目です、、、、早く願いを叶えておくれ~ww
そしたら下忍が仙忍になりますw

ってことで今日のツーリング終了~~
ガッツリ観光したので、100kmしか走れませんでした(^^;

さて、次はどこに行こうかな~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。