FC2ブログ
ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミネマン、フルアーマージャケット
このブログ、書いてる途中でパソコンが壊れちゃったので、やっと続きがかける(^^;

バイクはとっても楽しい乗り物ですが、同時に危険な乗り物でもありますっ
生身をさらして車と同等の速度で走るんですから、事故ったらただではすまないですよね~
しかも、バイクはコケますwww 絶対コケますwこれは物理法則なので逆らうことはできませんっ
自分も先日コケました!(半ギレ)
そんな不安定な乗り物ですが、いつでも元気に乗りたいじゃないですかー
そこで自分はヘルメット以外にもプロテクターを装着してバイクに乗るようにしています。

DSC02570.jpg

こんな感じの状態で通勤&ツーリングをしているのですが、、、、
この胸部プロテクター KOMINE SK-600 は教習所向けのがっちりしたプロテクターです
教習所向けということもあって、脱ぎ着しやすく、厚手の服の上からでも装着できます。
バイク通勤なのでプロテクターの着脱は着替えること無く簡単に素早くおこなえる事が重要です。
保護範囲も広く、なかなか安心感があるのですが、これを装着して長時間走ると肩口が腕に当たって
とても疲れるのです。
バイクの形状にもよると思いますが、前傾姿勢になるバイクだと辛いですね。

あとはツーリング先で食事をするとき、牛丼やラーメンなどのお店だとプロテクターを脱いでおいておける場所も無く
ゆっくりするような場所でも無いのでプロテクターを装着したままで食べる事が多いのですが
このプロテクターで前かがみになると顎にプロテクターが当たってとても食べづらい(^^;

そこで、前から目をつけていたプロテクターを購入してみました。



KOMINE SK-676 FULL ARMORED BODY JACKET

フルアーマーですよww

DSC_4122.jpg

メッシュの服にプロテクターが縫い付けてある感じです。
メッシュと言っても貧相なものではなく、結構しっかりしています。
無理に引っ張ったりしなければ長い間使えそうです。

胸部の保護領域は小さいですが、このぐらいなら大丈夫そう
しかし、こいつの最大の特徴は背面にあります。

DSC_4120.jpg

脊椎を尾てい骨までしっかり保護してくれます
背骨は大事ですよね~
これが欲しかったんですよー

DSC_4163.jpg

SK-600とSK-676の比較です。
胸部の面積がかなり違いますね
SK-600は不慣れな教習生が使う事を前提としているので、かなり保護力が高そうです。

DSC_4165.jpg

SK-600は背面も同じ構造です。
SK-676は脊椎、肩甲骨、脇腹と保護されています。
コケて背中で路面を滑走してもこれなら大丈夫そう(^^;

DSC_4095.jpg

収納時はこんな感じに、、、なんだかお寿司のエビみたいですwww
ってことで、家ではエビアーマーと呼称されるようになりましたw

さて、早速装着して走ってみました!
まだ長時間走ってはいないのですが、1時間ほど走った感じでは、とても動きやすくて
これなら長時間装着していても違和感を感じないので疲れ無そう~
しかも、これって脱ぎづらいと思いきや、プロテクター自体はスルッと脱げるのでそうでもないんですよ
全部一つにくっついてるしw
まぁでも、頻繁に着脱するようなシーンでは使えないので、短距離はSK-600 長距離ツーリングはエビアーマーって
感じの使い分けですね。

すこし不安な部分があって、ウエストのベルクロがメッシュ部に張り付いてしまって、そのうちメッシュが
破れるんじゃないかなって

DSC_4158.jpg

そこで余分なベルクロ部をふさぐことに

DSC_4161_2015021518392266c.jpg
DSC_4162_20150215183935347.jpg

トーカイで5cm幅のベルクロ買ってきて、切って余分な部位に貼りつけ~

これでメッシュに張り付く事も無く、破れ防止になりそう。

DSC_4114.jpg

なんか、プロテクターマニアになってるw
あとは腰か、、、
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。