FC2ブログ
ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤城山 鍋割山登山
さて、今日から本格的な登山を開始したいとおもいますっ!
自分は赤城山の麓に住んでおりますので、まずはここから始めようとおもいますっ
とりあえず、初心者コースを選んで、、、

荒山高原・鍋割山コースを登ることにしましたっ



姫百合駐車場から出発して、順路通りに進み、鍋割山山頂で引き返す予定です。

DSC_4819.jpg

9:55分、アタック開始です~

DSC_4820.jpg
DSC_4822.jpg

最初は木の階段が続きます。
、、、これ、何気に歩きづらいんですよね(^^;

DSC_4823.jpg

たまにこういう張り紙があります。
遭難した時にどの地区にいるのかの目安にするみたいですねっ
通過時にチェックしといたほうがよさそう~

DSC_4824.jpg
DSC_4825.jpg
DSC_4826.jpg

ずんずん歩いて行くと、だんだん様子が変わってきます。
そしてついに、岩だらけの道になってしまいましたっ

DSC_4827.jpg
DSC_4828.jpg

おぉ、、、これこそ登山って感じw

DSC_4829.jpg

ん?なんかあるぞ?

DSC_4830.jpg
DSC_4831_20150508183915f71.jpg
DSC_4832.jpg

ほほう、風穴か~
岩の隙間から冷たい風が吹いてくるぞ
ちょっとだけ雪も残ってる。

DSC_4834.jpg

よし、あと5分か、がんばるぞい

DSC_4835.jpg
DSC_4836.jpg
DSC_4837.jpg

岩の道をヒーコラ言いながら登っていくと、突然目の前が開けて、荒山高原に到着しました!
10:28分 スタートから約33分。
A区間は40分なので、まずまずのペースというところでしょうか。

DSC_4838.jpg
DSC_4839.jpg
DSC_4840.jpg
DSC_4841.jpg

高原といってもすこし広場があるだけですw
ここですこし休憩して、B~Eコースへ行こうと思ったのですが、、、、
D区間は案内板が無く、迷う可能性があると書いてある、、、、
しかし、E区間には富士山の絶景ポイントがあるらしい、、、、
本格登山初の自分にはリスクをなるべく低くしたほうがいいよな
ってことで、B→E富士山ポイントで引き返し→B で荒山高原へ戻ってくるコースにしました。

DSC_4842.jpg
DSC_4843.jpg
DSC_4847.jpg

細い道が続いたかと思ったら、ロープを使って登る場所があったりとなかなか本格的?w
途中、山小屋を通り過ぎたとき

「紅茶が入ったので飲みませんか?」

と登山者からお誘いがかかりました。
ほほう、、、ここはこの先の情報収集も兼ねてお誘いを受けようかとしたら

「コップがあったらどうぞ(^^ 」

あーなるほど、登山にはマイカップ持参が基本か~
自分は持ってきてないので、丁重に辞退させていただきました。
次からはマイカップ、むしろお茶セット一式持参しよう。
ザックにはまだまだ空き容量があるし。

DSC_4848_20150508184112dc8.jpg

そんなこんなでE区間の最後まで来たのですが、、、、、富士山ポイントが無い、、、、
ちょっとわき道に外れるのか?う~む、ここでこれ以上の時間をロスするのはもったいないので
今回はこちらはあきらめて荒山高原に戻ることに。

DSC_4850.jpg

あー、雨降ってきた~

そんなに強く降っていないので、そのままガンガン進み、お昼ちょい前に荒山高原へもどってきました。
鍋割山山頂でお弁当を食べようとおもっていたけど、時間なのでここで食べるか。
まだ雨が降っていますが、それほど気にならないので雨の中お弁当広げて食べますwww
食べ終わる頃には雨はあがってました!

さて、では、本日の目的地、鍋割山山頂へ向かって出発です!
12:05分 行軍開始

DSC_4853.jpg
DSC_4856.jpg
DSC_4857_20150508184146859.jpg

木道の登りをヒーヒー言いながら登っていくと
だんだん景色が一変してきます。
DSC_4858.jpg
DSC_4862_20150508184202abe.jpg
DSC_4867.jpg

おぉお~!これぞ山って感じですw

DSC_4869.jpg
DSC_4874.jpg
DSC_4875_20150508184234688.jpg

気象レーダーも見えますね
あれもヤマノススメ原作で紹介されてますから、登らないとw

DSC_4876.jpg
DSC_4877_201505081842517a3.jpg

DSC_4879.jpg

人の横顔に見えません?w

DSC_4880_20150508184308837.jpg

岩が乗っかってる~

DSC_4884_20150508184317587.jpg

12:45分 鍋割山山頂到着!!
約40分 ちとペースが速かったか?
稜線を歩いてテンションMAXリラックスしたせいでしょうか

DSC_4900.jpg
DSC_4901.jpg
DSC_4902_20150508184414566.jpg

山頂についたけど、、、、ガスってて見晴らしが良くない、、、、
ちょいと下に降りてみるか?
G区間を降りてみる事に。

DSC_4885_20150508184325080.jpg
DSC_4889.jpg

写真ではわかりにくいんですが、ここ、すごい急斜面です(^^;
こけたらそのまま転がり落ちていきそう、、、、
ある程度下まで降りたけど、あまり変わらないので山頂に戻って景色の回復を待つことに。

DSC_4893_2015050818434273c.jpg

うっすらと県庁が見えてきた~

DSC_4896.jpg

上毛大橋が見えるな~

しばらく待ったけど一向に回復しないので、13:20 下山することにしました。

DSC_4903_20150508184422ad4.jpg

そうそう、山頂ではウグイスが沢山鳴いているんですよw
自分、ウグイス見つけるの苦手で、やっと写真とれましたw

DSC_4904.jpg
DSC_4905_20150508184438fb2.jpg
DSC_4906.jpg
DSC_4907_201505081844549d0.jpg

谷川岳が良く見えましたよ~~~
夏に行くからな!まってろ!

DSC_4911_201505081845108cd.jpg
DSC_4914_20150508184518445.jpg

帰り道も岩がごろごろしている道を下山していくわけですが、、、、結構大変っ
岩ってなぜかとんがっててるので足場を選んで降りていかなければならないのですが
その時によろけたりしたら結構危険です。
何度かヒヤッとしたときがありました。
他の登山客を見ると、みなさんストックを持って歩いています。
自分は最初、ストックなんか邪魔だよ なんて思っていたのですが、とんでもないw
ストックがあれば4足歩行しているのと同じ状態になり、片足を浮かせていても他の3点で支持出来ている事になり
安定するって寸法です、、、、うわ、、、登山の必需品じゃんかw
今度登る時までに揃えたいですね

DSC_4916.jpg
DSC_4918.jpg
DSC_4919_20150508184547612.jpg

下りも木道を下っていくのですが、、、、これ、無い方がよくね?(^^;

なーんて、下りは文句つけられる余裕がありましたw

14:31 下山 途中荒山高原で芝生にねっ転がってお昼寝したから、かなり速いペースだったかな?

人生で初の本格登山。
登りは動機息切れ、下りはヒザガクブルで運動不足を痛感しましたw
しかし、山を歩くのって楽しいかもですね~
今回、いろいろ準備を揃えて行きましたが、実際に登ってわかった事が沢山あります。

ストックは必需品
足場の悪い場所で片足立ちになる事は危険ですね。

ズボンは伸縮性のあるものを
登山用の衣類は100%ポリエステルの物を選ぶのがいいそうなので、上半身はカインズのスピードドライシャツ
ズボンはポリエステルの丈夫な作業服をチョイスしました。
シャツはものすごく良かった! これは登山だけでなく、バイクにも、普段の作業にも使える!
あとで大量に買っておくことにしますw
しかし、ズボンはポリエステルで汗はすぐにかわくのですが、伸びないw
登山って一歩の高低差が大きいので、足をぐいっと上げ下げしなければならないのですが
伸びないズボンだと引っかかってそれだけで疲れてしまったり、躓く原因になるかも。
ストレッチ素材の専用ズボンはやっぱり必要なんですね。
そのうち買いたいとおもいます。

鈴は熊だけじゃなく人にも
熊避けの鈴、他の登山者はみんなつけていました。
これ、熊を避ける為だけではなく、他の登山者にも自分の位置を知らせる役割があるんですねっ
狭い登山道ですれ違う時、追い越し追い抜き時など、相手の接近を知らせる、知る為に付けた方がいいですね。
専用のもので無くてもいいから、100円ショップかなんかで買うとします。

マイカップ
どうやらお茶に誘われる事はしばしばあるようですw
マイカップは社交界の必須アイテムということでw
これも100円のステンレスでいいかなー

このへんはぼちぼち揃えていけばいいかなー
帽子も良かったし、ザックも登山用ではないけど問題無く
水1.5L 雨具、お弁当、チョコ、財布類、一眼、ウインドブレーカー、タオル、ミニ三脚 を入れても全然余裕があるし
疲れなかった。
今回敷物を忘れたのと、次はコップに湯沸かしセットを持参すればちょうどいいぐらいかな

さて、次はどの山にいこうかな
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。