ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妙義山 中間道 登山その2
妙義山 中間道もいよいよ残すは石門めぐりとなりました!
本日のメインイベントってところですが、、、、おや?雷が鳴ってきたぞ?
こりゃぁ急がないとイカンかな?

登山道を急ぎ足で歩くと、ついに妙義が牙をむき始めましたw


DSC_9060_201507212125122e5.jpg
DSC_9061_2015072121252185c.jpg
DSC_9062.jpg

鎖をどんどん登りますっ
そして登った先には、、、、

DSC02946.jpg

向こう岸まで鎖が無い、、、、、、
写真だとわかり辛いのですが、幅は70cmほどでしょうか、左右は崖で、落ちたら確実に死ぬでしょう(^^;
えっと、、、これ、、、どうすればいいわけ?(^^;
しばらく手前でしゃがみこんで踏破ルートを考察。
左側は絶壁なので、右側寄りに姿勢を低く四つん這いで行くか。
高所作業で移動するときの基本、3点支持は体に染みついてるので
ゆっくりと進み、対岸の鎖場み到着っ!!!!
うーわー、なんだこれ、なんで遊びで死を意識しなきゃならんのだwwww

一呼吸おいて、この「天狗のひょうてい」 を登ります。

DSC_9064.jpg
DSC_9065_201507212125577d6.jpg
DSC_9066.jpg
DSC_9067.jpg
DSC_9063.jpg

てっぺんからの眺めは圧巻! でもこわっwwwww
これのどの辺が初心者向けなんだろう(^^;
中の上ぐらいに思えるんだけど、登山ってこんなにも怖いものだったのか(^^;




う~ん、中学の時に学校で上ったときはこんなんじゃなかったんだけどなぁ~

DSC_9069.jpg

帰り道もヤバいよね(^^;
意を決して降りる!
雷もゴロゴロ鳴り始めたし、今日はここまでにして下山しよう~

DSC_9070.jpg
DSC_9071.jpg
DSC02950.jpg

途中、第4石門広場まで降りて思いだした。
あっ、中学の時はここまでだ!(^^;

さすがにさっきの場所は危険すぎるよなぁ
事故とかおこってないのかな。
いや、みるからに危険な場所ってのは事故はおこらないもんだよな(^^;
などと一人ぶつくさ言いながら下山。
かれこれ6時間ほど歩いてるのでもう膝がガクガクで、左ひざに痛みが、、、
それをかばって右足に負担がかかってるのがヤバそう。。。

DSC_9073.jpg

14:15分 中間道下山
ここからは国道を歩いて駐車場へ戻ります。
が、駐車場までとても遠い(^^;

DSC_9074_2015072121270477f.jpg
DSC_9075_20150721212713065.jpg

15:50分 駐車場隣の温泉着
や、、、やっと着いた、、、、、
もうあちこちボロボロ、ぐしょぐしょで、服も水から上がってきたかと思うほど濡れてるし
若干頭も痛くなってきて、これ以上はマジで熱中症になりそうな所だった
風呂で水シャワーをがーっと浴びて冷却!
露天風呂で足を投げ出すと、疲れがしみだしていくよう~~~
幸いなことに、ヒルにはやられなかったようだ。
他の登山者はヒルがくっついていたと大騒ぎしていた。

帰り、道が混んでそうな予感がしたので高速ですい~っと帰る事にしたのだが、
高速も混んでた(^^;
渋滞の中、マスツーの集団がすり抜けていったので、自分も最後尾についてすり抜けさせてもらう
まだ二輪の経験が浅いので、こういう場合の走り方を覚えるのにはいいチャンスだwww
しかし、二輪を邪魔する人は必ずいて、パジェロがおもいっきり幅寄せしたりブロックしたりしてきた
無論、マスツーの大型二輪軍団にかなうはずもなく、みんなアクセル開けまくってブオンブオン言いながら華麗にパスw
その後も千鳥隊列の最後尾にこっそり混じって走らせてもらいましたw
最後尾のハヤブサの人がちらちらこちらを見ていたけどね(^^;

これで赤城、榛名、妙義と上毛三山を制覇したので、次は谷川岳を登るぞっ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。