ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日光白根 菅沼登山口~弥陀ヶ池~白根山頂~五色沼 ルート その1
今年は夏休みが無いと思っていたのですが、突然仕事に空きが出来たので一週間のお休みをいただきましたっ!
うーわー、なんも考えてなかった~~
でも、当初から予定していた谷川岳登山を決行するぞ!と意気揚々と家路について、テレビをつけると
谷川岳ロープウェイは大雨の為運航中止
再開はお盆過ぎになるとか、、、、、、
なんてこったい!
まぁでも、考えようによっては、大雨の危険の中行かなくて良かったのかもっテヘ

さて、そうすると何処か手ごろなお山はありゃしませんでしょうか、、、、、、いろいろ調べると、ありました!
日光白根山
関東以北最高峰!森林限界を超えるッスよ!!!
うおぉ~ ここ!ここにきめたっ!
早速準備して、天候と相談して登山日決定!
登山届をネットで提出して、一日型の登山保険にも入って、おなか痛くなると困るので前日から食事に気を使って
いざっ、しゅっぱーつ!!

5:30に家を出て、下道でぶぃ~んと走って、7:45分 菅沼登山口に到着~


DSC_0033_20150805082357cc9.jpg
DSC_0034_20150805082417360.jpg

おっ、バイクは500円だって~ 
てか、人居ないんだね~ これって、、、、、げふんげふんww

丸沼高原からロープウェイに乗って登るルートが人気のようですが、ロープウェイが往復2000円もとられるので
少ないお小遣いからガソリン代やらなんやら捻出しなければならないオイラとしては、お財布に優しい菅沼ルートで!
このとき、あんな事態になるとは夢にもおもいませんでした、、、、、

登山準備をして、さぁイザ出発!! と気合を入れた瞬間、おなかに激痛が!!
むうっ!! あれだけ前日の食事に気を配ったというのに、このタイミングで!!!
しかしあわてるな、地図によると、この駐車場にはトイレがあるというではないか、、、トイレ、、、トイレ、、、、
無い!
ロープウェイ乗り場まで移動するか? いや、もはや一刻の猶予も無い切迫した状況。絶対絶命である
この窮地を乗り切るには、最終手段を実行するしかあるまい、、、、、、
素早く辺りを見回す。よし、誰もいない。

DSC_0035.jpg

駐車場脇の森の中にずんずんわけ入り、くぼ地を発見。
ズボンとパンツを一気に下ろし、静かに腰を下ろす。
(業界用語で キジ撃ち という)
大自然の中に、自分の生きた足跡を残してまいりました、、、、、
しかし、神はまだ私に過酷な試練を与えたもうたのである。
紙が無い
一瞬真っ白になる、しかし、ここであきらめてはだめだ!
ピンチをチャンスにかえるとき!
そう、目の前に代用品は沢山あるじゃないかっ アダムとイブがそう微笑みかけて、自分たちの装着しているソレを
差し出してくれているようです!
手ごろな大きさの葉っぱをむしり取り、数枚を使用し事なきを得ました。

後日、ネットで調べると、キジ撃ちはかなり愛好者が多く、諸兄らによる研究、作法が確立している
山の文化の一つであるという事がわかりました。
次回はかならずトイレットペーパーを持参いたします。芯を抜いて。

そんな微笑ましいアクシデントで出発時間が大幅に遅れ、8:15分、菅沼登山口出発

DSC02971.jpg
DSC02972.jpg
DSC02974.jpg
DSC02977.jpg
DSC02978.jpg
DSC02979.jpg

最初は緩やかな登りで、順調にすすんでいきます。
足場がごろごろ転がってる岩で歩きにくいですね
なんかつっかえ棒してる岩が、、、、

DSC02980.jpg
DSC02984.jpg
DSC02986.jpg
DSC02988.jpg

この山はとっても雰囲気が良くて、ファンタジーな感じですw
動物の足跡はっけんーん 鹿っぽいですね
そして、今回の新兵装はこの折りたたみ椅子
とっても小さく折りたためるのでバイクに登山に活躍してくれそう!
ただし、メーカー品じゃないのですぐ壊れそうだけど、、、値段半分以下なのでOKw

DSC02995.jpg
DSC02996.jpg

おっ、今話題の電気柵がっwwwww

DSC02997.jpg
DSC03000.jpg
DSC03002.jpg

10:10分 弥陀ヶ池到着
ふむ、登りは2時間か ちとペースが速いな

DSC03003.jpg
DSC03004.jpg
DSC03009.jpg
DSC03010.jpg

とっても綺麗な池ですっ!
これから登る山頂もでーんと見えますね!

DSC03013.jpg
DSC03015.jpg
DSC03019.jpg
DSC03022.jpg

さぁ、ここからだんだんと木が少なくなってきます!

DSC03023.jpg
DSC03025.jpg
DSC03027.jpg
DSC03028.jpg

ここからはひたすら崩れやすいガレ場を登っていきます。
結構な急斜面だし、なかなか大変です(^^;

DSC03030.jpg
DSC03031.jpg

登りきると、ちょっと危険な岩場にたどり着きます
妙義の奇石めぐりしてなかったらかなりビビっていたでしょうね(^^;
そこから山頂は目の前ですっ!

DSC03032.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。