ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大型自動二輪免許一発試験にチャレンジ!その3
春休みも今日で終わり
これが最後の大型試験になりますっ!

むむむ、ここで合格できなければしばらくは受けに来ることが出来なくなるので
なんとしても合格したいところ!

今までの受験結果から分析すると、、、、

*大型バイクといえど、ベース速度をそれなりで走らないと指定速度まで加速するのは難しい。
*速度を上げると安全確認が忙しくなるので、指定速度区間以外はスローで
*コーナー等ではバイクをバンクさせて曲がるようにしたほうが試験官への印象が良い。
*とにかく急制動を成功させる

減点超過するとその時点で検定中止となる試験で、最後まで走れればほぼ合格と言われております。
自分は過去2回の試験でどちらも最後まで走りきっております。
しかし、合格できない。
ということは、一番最後の急制動で不合格となっている可能性が高い。
ならば、急制動がクリアできれば合格できるのでは???
そんな甘っちょろい考えで今回の試験に挑んだのですが、、、、

試験会場につき、提出書類を用意し、、、、、あれ?あれ?免許が無い!
家に忘れてきてしまった、、、、、
大急ぎで家に帰り、再度免許センターへ(^^;
家が近くてよかった、、、、
一瞬、こういう日はやめたほうがいいよな
と頭をよぎったのですが、なにしろお休みがラストチャンスなわけで、意地でも受けることにw

さすがに連続3回目ともなると、受付のお巡りさんも顔を覚えてくれたようでw
スムーズに受付を終え、コース入り~

今回は何としても急制動を成功させる!
今までの試験から、急制動でどうだったかを思い出す、、、、が、あれ?よく思い出せない、、、、
急制動に侵入するコーナーから、急制動コースに入って、アクセル開けてメーター確認して~
までは鮮明な記憶があるのですが、ブレーキポイントの記憶が全く無い(^^;
ということは、ブレーキを適当にかけているということですねwww
今回はここをしっかり見極めて、ブレーキをかけるポイントを明確に意識することに重点を置く!



何度も何度もパイロンの間を歩いて、イメージトレーニング!

む、そろそろ時間だな?
あれ、今日は自分ひとりか???
そう思った矢先、もう一人受験者が現れました。

彼も普通二輪を持っている初回受験者だという。
しかし、、、、ろれつが回ってないぞ??
コースを聞かれたので説明したけど、まったく理解できてない、、、
むむむ??脳卒中とか、その傾向があるんじゃないか???
試験官が来て、いつも通り説明を始めるも、彼は何度も同じことを聞いたりしていた、、、、

いやいや、人の心配より自分の心配をしなければ!

今回も一番手、、、
試験開始の合図とともに、気合いを入れてバイクにまたがる!
勢いあまって右足をついてしまう!wwww
右足を不用意につくと減点です。・゜・(ノД`)・゜・。
、、、、、すでにココロぴょんぴょんして、地に足がつかない状態にwwww
バイクの運転も乱れ気味で、最初のほうは安全確認が遅れ気味に、、、、
これではイカン!なんとか平静を取り戻し、法規コースも終盤、クランク抜けて~
見通しの悪いT字路からの左折なので、ゆっくり前進しつつ前のめりになり安全確認し
左折、、、、、っ!!!
左折しようとしたとたん、速度が遅すぎてバランスを崩し、左足をつく!!
ぐあぁああ! お、、、重い、、、、、
なんとか踏ん張るも、バイクはじりじりと左に傾き続けており、再起不能な状態であることが分かりました、、、、
その時点で踏ん張るのはあきらめ、そのままゆっくりとバイクを地面におろし、おもむろにキーをOFFにします、、、
こけたら一発検定中止です
とりあえずバイクを引き起こし。
そういえば、適性検査でバイクの引き起こしやらなかったなぁ~
自主的に引き起こしやっちゃったよ、ははは~
なんて考えながら、ひょいとバイクを引き起こす。
あれれ、意外にすんなり起きるんだな~ なんて感心しながらも、さて、押してスタートに戻れって言われるのかな?
と試験官がいる塔を見上げる。
??指示が飛んでこないけど、、、ちょいと間が空き、試験官から
「とりあえず、続き走ってください」との指示が!!
おぉお!? 普通は検定即中止なのに、走らせてくれるのか!
ありがたや~~~~(*´Д`*)
エンジン再始動し、残りの踏切~坂道~をぐるぐる走り、スタート地点へ戻る。
なんだろう、、、こけたら後はすっかりリラックスして、スイスイ走れるwww

スタートでエンジン停止し、今日はここで終了~
あぁ~~課題まで進めなかった~~~

意気消沈するも、次の方の番なのでさっさと交代する。
さて、人の走りをよく見て、参考に、、、、あ、、、
この人もマイペースな人だ(^^;
手順まるで無視、しかも、試験官の合図や指示をまったく無視wwwww
もうはちゃめちゃな走りで、この人公道に出ちゃいけない人なんだってのが分かります(^^;
しかし、今回の試験官は優しい人で、指示を無視して走り続けてもしばらくは放っておいてます、、、
普通は即中止で戻らされるんですけどね~
右右左に行ってください~ って指示を受けても、左右左に行っちゃうしw なぜか坂道のてっぺんでエンストして
しばらく動けなくなるしwww
さすがの試験官も、最後には「エンジン切って押して戻ってください」って指示をだしてました(^^;

うーん、大型二輪の試験、3回受けましたが、まともな人に出会ったのは二人だけ、、、、
それ以外の人は本当に受かる気あるのか?っていうレベルばかり。
毎日こんな人を相手にしなきゃいけないなんて、試験官も大変だなぁ~~

しかし、、、ここでふと思う。
自分もこの人たちと一緒なんじゃないのか??
そもそもの、この試験の意味を考える。
ここで合格すれば、その日の夕方から大型二輪を公道で乗ってもいいのだ。
つまり、 大型二輪を公道で安全に円滑に運用することが出来る技能をあなたは持っていますよ 
試験官が認める、これがこの試験の意味。
はたして、自分にそれだけの技能があるのだろうか?
否、全く無い!
そもそも、大型バイクに乗ったのはこの試験のみ、たった10分程度を3回乗っただけ。
その挙句が、ちょっとしたところでバランスを崩して情けない立ちごけ。
あぁそうか、自分も今まで馬鹿にしてきた人達と何も変わらないじゃないか~
このまま何回かチャレンジして、もし合格できたとしても、それで公道を安全に走れるなんて
とても思えない。
教習所では最低12時間バイクに乗って練習する。その中でノウハウを教えてくれるわけだ。
だが、一発試験で合格してしまったら、必要な心得等の無いままバイクに乗り続けなければ
ならなくなってしまう。

だったら、自分はここで受けるべきでは無いのだな~~
一発試験で受かった!ってのはいいネタになるけれど、きちんと教習所で教わりたいなぁ

ってことで、大型自動二輪免許一発試験チャレンジはこれにて終了!
3回受けてダメだったヘタレライダーというおいしい称号もいただいたことだしw
次は時期を見て教習所へ通うことにいたしますっ!
といっても、教習所の割引が来年で切れるのと、来年4月から消費税があがるので、今年中には行きたいですね~
子供も18になって教習所に通うはずなので、一緒に教習うけるかな~www

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。