FC2ブログ
ジェット猫
ぶんたのガンプラやスーパードルフィーのブログです ドールのボディなどを製作したりもしてますっ
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
ドールツーリング 赤城山方面


忍者くんになってから初のドールツーリングへ行ってきました~

DSC_4477_20150330215127e07.jpg

って言っても、むかーし原チャリで一回ドルツーに行ったきりですが(^^;
1/6のピュアニーモなので、持ち運びは楽ですねw
100円ショップのアクリルケースに入れて、さっと取り出せますw

DSC_4478.jpg

今日は赤城の千本桜の開花状況を見に行ったんですが、その時に道を間違えてこの公園へきてしまったのですが、、、
なんとっ

DSC_4474.jpg
DSC_4490.jpg

池に水芭蕉が咲いてるではありませんかっ
まさかこんな所で見れるとは、、、、

DSC_4489.jpg

遥かなOZEに行かなくてもいいなんて!

DSC_4488_20150330215238d16.jpg
DSC_4468.jpg

いい撮影スポットをみつけました(*´Д`*)

で、当初の目的である赤城の千本桜は、まったく咲いていませんでした(^^;
来週かなー?

その後はすぐそばにあるフラワーパークへ

DSC_4492.jpg

ここ、結構くるので、年間パスポート買っちゃいましたw

DSC_4493_20150330215333890.jpg

春ですね~
沢山ドール撮影出来るぞ! とおもったら、、、、やたら子供がいる、、、
そうか、春休みなんだ、、、

DSC_4494.jpg

母子連れや子供の集団、、、学童とかの遠足かな? 平日なのに随分賑わっています、、、

DSC_4496.jpg

なかなかドールを出すタイミングがw

DSC_4504.jpg

人の切れ間を狙って撮影、、、って、難しいな(^^;

DSC_4510_20150330215507003.jpg

満足にセッティング出来ないのでポージングもいまいち(^^;

DSC_4514.jpg
DSC_4511_2015033021552263f.jpg
DSC_4520.jpg

しかも、小さいドールを撮るというのは、実はすっごく大変であると気付かされました、、、
ドールと同じ目線になろうとすると、地面すれすれにカメラをもっていかないとっ(^^;
1/3ドールなら持ち運びは大変だけど、撮影は楽ですね、、、どっちがいいんだかw

あとは適当に園内を回ります

DSC_4523.jpg
DSC_4521.jpg
DSC_4501.jpg
DSC_4499.jpg
DSC_4498.jpg

DSC_4516.jpg
DSC_4515_20150330215556c91.jpg

あ、こっちにも水芭蕉がありましたね。こっちのほうが綺麗かもw
年間パスポート買ったので、もう入り放題だから、近いうちに今度は1/3連れてこようwww

さて、フラワーパークを後にして、赤城山を登ってみます。
雪はどんな感じかな~?

しばらく峠道を登っていくと、なんだか違和感、、、というか、ちょっと調子がイマイチです。
曲がれない、、、
バイクが悪いんじゃなくて、自分の調子が悪いっぽいですね。
そういう時は無理に走らずに、おとなしく引き返すことにしました。
上の方は路肩に雪が残ってて、ちょい寒いですね~
まだ登山には早いか。

DSC_8663.jpg

最初の登山はこの鍋割山に行こうとおもってるんですよね
登山口は確認。

DSC_4527.jpg

家に戻ってみると、日中の陽気で近所の桜がほぼ満開に!

DSC_4530_201503302157306b8.jpg

今日のプチツーリングはこれにて終了~
いやぁ、最後の方は暑かったですね~
そうそう、マンウィズのロゴステッカー作ったので、貼りつけました。

DSC_8658.jpg
DSC_8659_20150330215802933.jpg

右側に貼るので、逆向きに作りました。
この前作ったディアンヌのタトゥーより簡単でしたw
あ、そうそう、左側はサーペントシンのタトゥー作ったんですww

DSC_4290_2015033121563434a.jpg
DSC_4294.jpg

だんだんオタ臭いバイクになってきましたよ(^^;
さすがに痛単車にはなりませんがっ
プチツーリング 碓氷峠


記事の順番がばらばらになっちゃったけど、先日碓氷峠にバイクの練習に行ってきましたw

バイクに限らず、車でも何でもそうだとおもうのですが、道具を扱うには練習が必要ですよね~
天性の才能があるわけでも、前世がレーサーだったわけでも、遺伝子改造されてるわけでも無いごくフツーのオッサンなので
慣れないバイクをふらふらと運転してて、何度もおっとっとという場面に出くわします。
コケた事もありますしwww
そんなわけで、ある程度はバイクを操れるように練習せにゃならんなー と常日頃から思っております。
この前も誰も居ない駐車場でハンドルフルロック定常円旋回の練習を黙々とやりましたしw

さて、、、走る練習といったら碓氷峠でしょうw
若い頃はロリータエンジン搭載の赤い平べったい車で走り回ってましたよw
いろんな峠を走りましたが、やっぱり碓氷峠が一番面白いし、自分のリズムにあってます。

DSC_4304_20150316210650839.jpg

ひとまず峠にある碓氷湖で休憩。

DSC_4311_20150316210704921.jpg

おー、全然変わってないのなー
碓氷の旧道にくるのは10年ぶりぐらいですw

さて、準備もできたし、気合、入れて!行きます!

ま、最初は路面コンディション見るために上まで走ってまた折り返し。
あー、カーブ100以降は砂やら雪解け水やらが多くて滑りそうだな
めがね橋のところは工事やってて車線規制してるし、とりあえずC50~100の間で練習するか。

なにぶん二輪で峠を走るなんて初めてなので、徐々に慣らしていきます、、、、

DSC_4318_20150316210805a24.jpg

何往復かして、コーナーで着座位置をずらす事ができるようになってきたんですが、これ以上は今は怖いな(^^;
タイヤもまだまだアマリングが残ってますし、、、、これ、バンクセンサー擦る走りってどんだけ倒すんだよ(^^;

DSC_4317.jpg

今の自分には想像もできないですね(^^;
怪我&事故しないように、適当に走りますw

峠も十分楽しめたので、めがね橋の写真でも、、、、と思ったら、なんと、今は上に登れるんですね!

DSC_4321.jpg

DSC_4323.jpg

さて、十分走ったし、どこかで食事でもして帰ろうと、ふと愛車を見ると、、、、

DSC_8599_201503162104338bc.jpg

2日前に洗車したばかりなのに、どろどろ!!!!wwwww
雪解け水と工事の排水でしょう、まさかこんなになるとは、、、、、、
家に帰って下回りだけは水で流してある程度の泥はとれましたが
こりゃ本格的に洗車しなおさないとダメっぽいですな(^^;
コミネマン、フルアーマージャケット
このブログ、書いてる途中でパソコンが壊れちゃったので、やっと続きがかける(^^;

バイクはとっても楽しい乗り物ですが、同時に危険な乗り物でもありますっ
生身をさらして車と同等の速度で走るんですから、事故ったらただではすまないですよね~
しかも、バイクはコケますwww 絶対コケますwこれは物理法則なので逆らうことはできませんっ
自分も先日コケました!(半ギレ)
そんな不安定な乗り物ですが、いつでも元気に乗りたいじゃないですかー
そこで自分はヘルメット以外にもプロテクターを装着してバイクに乗るようにしています。

DSC02570.jpg

こんな感じの状態で通勤&ツーリングをしているのですが、、、、
この胸部プロテクター KOMINE SK-600 は教習所向けのがっちりしたプロテクターです
教習所向けということもあって、脱ぎ着しやすく、厚手の服の上からでも装着できます。
バイク通勤なのでプロテクターの着脱は着替えること無く簡単に素早くおこなえる事が重要です。
保護範囲も広く、なかなか安心感があるのですが、これを装着して長時間走ると肩口が腕に当たって
とても疲れるのです。
バイクの形状にもよると思いますが、前傾姿勢になるバイクだと辛いですね。

あとはツーリング先で食事をするとき、牛丼やラーメンなどのお店だとプロテクターを脱いでおいておける場所も無く
ゆっくりするような場所でも無いのでプロテクターを装着したままで食べる事が多いのですが
このプロテクターで前かがみになると顎にプロテクターが当たってとても食べづらい(^^;

そこで、前から目をつけていたプロテクターを購入してみました。



KOMINE SK-676 FULL ARMORED BODY JACKET

フルアーマーですよww

DSC_4122.jpg

メッシュの服にプロテクターが縫い付けてある感じです。
メッシュと言っても貧相なものではなく、結構しっかりしています。
無理に引っ張ったりしなければ長い間使えそうです。

胸部の保護領域は小さいですが、このぐらいなら大丈夫そう
しかし、こいつの最大の特徴は背面にあります。

DSC_4120.jpg

脊椎を尾てい骨までしっかり保護してくれます
背骨は大事ですよね~
これが欲しかったんですよー

DSC_4163.jpg

SK-600とSK-676の比較です。
胸部の面積がかなり違いますね
SK-600は不慣れな教習生が使う事を前提としているので、かなり保護力が高そうです。

DSC_4165.jpg

SK-600は背面も同じ構造です。
SK-676は脊椎、肩甲骨、脇腹と保護されています。
コケて背中で路面を滑走してもこれなら大丈夫そう(^^;

DSC_4095.jpg

収納時はこんな感じに、、、なんだかお寿司のエビみたいですwww
ってことで、家ではエビアーマーと呼称されるようになりましたw

さて、早速装着して走ってみました!
まだ長時間走ってはいないのですが、1時間ほど走った感じでは、とても動きやすくて
これなら長時間装着していても違和感を感じないので疲れ無そう~
しかも、これって脱ぎづらいと思いきや、プロテクター自体はスルッと脱げるのでそうでもないんですよ
全部一つにくっついてるしw
まぁでも、頻繁に着脱するようなシーンでは使えないので、短距離はSK-600 長距離ツーリングはエビアーマーって
感じの使い分けですね。

すこし不安な部分があって、ウエストのベルクロがメッシュ部に張り付いてしまって、そのうちメッシュが
破れるんじゃないかなって

DSC_4158.jpg

そこで余分なベルクロ部をふさぐことに

DSC_4161_2015021518392266c.jpg
DSC_4162_20150215183935347.jpg

トーカイで5cm幅のベルクロ買ってきて、切って余分な部位に貼りつけ~

これでメッシュに張り付く事も無く、破れ防止になりそう。

DSC_4114.jpg

なんか、プロテクターマニアになってるw
あとは腰か、、、
スマホ取り付け位置調整と、、、、立ちゴケ、、、


前回スマホホルダを取りつけたのですが、どうも見づらい、、、
そこで、ホルダーを追加してスマホの位置を上にあげてメーターのそばに寄せることに

DSC_4010.jpg

忍者さんは取りつける場所がほとんどないので、これはいいアイテムですね!

DSC_4016.jpg

DSC_4018.jpg
DSC_4019.jpg

うん、なかなかいい感じ!

DSC_4022_20150131161119f4d.jpg
取りつけ後

DSC02633.jpg
取りつけ前

クランプホルダーを取りつけることによって、スマホをメーターに近づけて走行中の視線移動が少なくなりました!
ハンドル直付けだとガッツリ下を向かないと見えないので、走行中は危なかったんですよね(^^;
これなら少し視線を下に向ければ見えるので、走行中でも状況確認が瞬時に出来ます!

さて、早速試しに走ってみるかなー
風は当たるかな? よしよし、この位置なら風防の影響下だな。
ぐらぐらもしないし、これならバッチリだなー
他にもいろいろ取り付け出来そうだし、このクランプホルダいいなぁ!右側にも付けようかなwww

などと考えながらお店の駐車場から家に帰ろうとしたとき、悲劇はおこりました、、、、

停車している状態から左にハンドル切ってゆっくり発進~
すると少し左に傾きすぎて、左足をつく。
こういうときは車体に動力を伝達してある程度の速度を出して車体を立て直せばいい、、、
アクセルを少し開けて動力を伝え、、、、、あれれ?伝わらない、、、、
そのまま車体はどんどん傾いていき、片足ケンケン状態で少し進んだところで水たまりがあり
そこに足をついたとたんに一気にがくんっと傾いて、そのままぐっーっと倒れこんで、、、
がしゃん!
バイクは左側に倒れ、自分もゴロンと転がりました!
しかも、水たまりにわざわざ落ちて自分もバイクも水びたしに、、、、、
うっわ、、、初コケだよ!!
哀れ忍者くんは水たまりに横たわってしまいました。
ガ━(゜Д゜;)━ ン !!!
と、、、とりあえずすぐにバイクを起こす、、、
よいしょっ、教習所で一度バイクを起こしたきりだったけど、なんなく起こせた!
まずは落ち着いて、、、、車体を確認、、、、クラッチレバーは大丈夫、、、チェンジペダルも少しだけ
曲がったけど、ほんの少しだから大丈夫、、、、走行に支障があるような損傷個所はなさそうだな。
よし、気を取り直して家に帰ろう。
倒れた時に転倒センサが作動してエンジンが止まったので、エンジンを再始動、、、そのままじゃかからないか
一度キーをOFFにして、再度エンジン始動。
各部の動作は問題なさげだな。よし、、、、深呼吸して、再度発進。
家に帰ってきました。
さて、、、ダメージはどんなもんか、、、、詳しくチェックしてみよう

DSC_8502.jpg
DSC_8503.jpg
DSC_8506.jpg
DSC_8504.jpg

リアカウル、リアウインカー、ミラーに傷が~~~
あとはエンジンガードに傷。
そう、うちのバイクにはエンジンガードを取りつけていたのです!

DSC_8505.jpg

純正のエンジンガードなので、カウルに穴開け加工が必要なんですが、その分がっちり守ってくれました!
こいつが無かったらフロントカウルは割れてクラッチレバーも曲がるか折れるか、、、
チェンジペダルも曲がったでしょうし、、、、、
この程度なら直す必要もないですし、ほんと助かりました。

今回の原因としては、クラッチワークがきちんと出来ていなかった事でしょうか。
アクセルはコントロールしたのにクラッチを切り方向に操作してしまったので、トラクションが抜けて
バイクがコントロール不能になったこと。
バランスを崩した状態で水たまり=路面のくぼ地に足をついた事により、さらに車体を傾けることになり
修正不能な状態に陥ってしまった。
って感じでしょうか。
バイクってのは人がバイクを支えようとするとコケるのです(^^;
バイクを操作してバランスをとらないとダメなのです
もっと練習して、スマートに安定して運転出来るようにならなければ。
ただ走るだけではなく、教習所のカリキュラムのようなテクニックを磨く練習もしなければならんなー
まぁ、、、、左外装慣らし完了!!です!
Ninja250 シガーソケット電源&スマホホルダ取り付け


今回はバイクいじりの定番、外部電源とスマホホルダの取り付けをやります~

DSC02588.jpg

と言っても、忍者くんには取り付ける場所がほとんどありません、、、、、
スマホホルダは左ハンドルの空き部分につけるとして、外部電源をどうするか、、、、
最近ではUSBで充電できるポートを直接接続するタイプが多いですね。
しかし、すぐ壊れるとか聞きます。
バイクは基本雨ざらしなので、このような小物はどうしても壊れやすいですよね。
USBポートの電源だとレギュレーターなどの電子パーツが組み込んであって、
バイクの12V電圧を5Vに変換するわけです。
そういう余分な部位があると、余計壊れやすいですし、もし壊れた場合は
簡単に挿げ替えがきくようなタイプのほうがいいかな~
ってんで、ごくごく一般的なシガーソケットタイプの電源をチョイスしました。
まだまだシガーソケットタイプのほうが汎用性も高そうですしね~
DC-ACインバータもつけられるし、キャンプツーリングも大丈夫そうw

DSC02589.jpg

ん~、隙間が開いてるようで、ハンドルが動くクリアランスを考えると取り付け場所ってほとんど無い事に気がつきます(^^;
左下の隙間かなー

DSC02590.jpg

電源の配線はタンデムシート下にすでに設置してあるETCから取ります。
なのでカウルをはずしていきます。

DSC02592.jpg
DSC02593.jpg

シガーソケットのケーブルには途中にヒューズがかましてあるんですが、これが錆びると評判ですwwww
なので、自己融着テープで巻いた後にビニールテープでぐるぐる巻き~

DSC02594.jpg

タンデムシート下にあるETCの配線にシガー電源をかませます。

DSC02595.jpg

配線を通して、、、、あ、、、インシュロックが白しか無い、、、
屋外や温度変化の激しい部位に使うインシュロックは耐候性のものを使わないと
しばらくしたらバキバキに砕け散るんです(^^;
ここは後で 耐候性の黒インシュロックに変更するとして、白で仮止めしておきます。

DSC_8478.jpg

ソケット部を設置します。
悩んだのですが、付属の両面テープで貼り付けてみる事にしました。
パーツクリーナーで接着部分をきれいに拭いて~ 貼り付け!
ふむ、、、、こんな感じかな?

よし、会社にポータブルナビがあるので、それで動作チェックしてみよう~

DSC_8479.jpg

ナビ起動!
電圧も13.8vだったから大丈夫~

さて、ちょっと走ってみるか、、、、、な? あれ?

DSC_8480.jpg

うわ、ハンドルフルロックすると、電源が当たる(^^;
すっかり失念していましたが、シガーソケットタイプって差し込むとかなり出っ張りますよね(^^;
当たるといっても、少し当たる程度でとりあえずは問題なさそう、、、、
インシュロックも耐候性の黒に変えなきゃいけないし、今日はここまでにして部材をそろえて取り付けなおすことにwww
段取り悪っ(^^;


後日!
DSC02600.jpg

耐候性インシュロックと超強力両面テープを購入して、リベンジ!

今回は忍者を全部ひん剥いて、あられもない姿を公衆の面前でさらしてやるぜ!!
DSC02603.jpg

前回中途半端にカウルをはずしたのですが、作業がしづらかった(^^;
なので今回は全部はずしちゃいます!
うちのはエンジンガードがついてるので、まずはそれをはずしーの

DSC02604.jpg

左側だけ素っ裸に!

DSC02608.jpg

おぉ~~~ これが忍者くんの秘密の花園!!!(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア
黒光りしてるじゃぁありませんか~(*´Д`*)
しばらくなで繰り回してから、本来の作業に戻ります、、、、、

DSC02614.jpg

インシュロックも黒に変更~
カウルはずすと作業やりやすいわ~

さて次は前回失敗したシガーソケットの取り付け位置を変更します。
両面テープで張り付いているので、CRC556を接着面に浸透するように吹きかけます。
、、、あ、樹脂パーツだったな、、、、556はまずかったな、、、
でも綺麗にはがれたので、パーツクリーナーでさらに綺麗にして、超強力両面テープを貼り付けます。

DSC02598.jpg

今回の作業の為に事前にネットで取り付け方法を調べたのですが、両面テープでの施工にもやり方があるのですね!
ただ張ればいいのかとも思っていたら、きちんと儀式をやらないと半分の力も出せないらしい、、、、

貼り付け面の素材
平面性
油分の除去
温度
圧力
時間

材質および平面性はクリア。脱脂もパーツクリーナーで綺麗にした。
施工温度が10℃以下だとダメなので、ドライヤーで暖めながら貼り付けます。
貼り付けた後はしばらく圧力をかけるらしい。
ぎゅーっとおしつける、、、、、
その後24時間たつと本来の接着力で張り付くそうな

DSC02599.jpg

取り付け場所はここにしました。
ほほう、さすが超強力。この時点ですでにびくともしませんっ!
こりゃぁ剥がすとき大変そうだwww

次はスマホホルダー
DSC02620.jpg
DSC02623.jpg

MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-400 STD]

忍者にはこれがちょうどいいっぽいので取り付けー

もうひとつ重要なのが、シガーソケット用USBポート。

DSC02629.jpg
DSC02625.jpg
DSC02631.jpg

iBUFFALO Androidスマートフォン/タブレット用USBシガーチャージャー 1ポートタイプ ブラック BSMPBDC01BK
USB充電は2A出力をチョイスしました。
小型なのでソケットに入れたら出せない。必ずストラップを装着してくださいとのことw

よし!これですべて準備完了!
スマホをナビにしてしばらく走ってみる。

DSC02633.jpg

ナビを起動していてもバッテリー残量はどんどん増えていく!
スマホもがっちり固定されていて、不安感無し!
これで遠距離のツーリングもばっちりですね!
だがしかし、、、、すこしスマホが見難いッス
ナビを見るためには結構下を向かないといけない。
ジェットヘルメットだったらみえるのかな?
でもフルフェイス以外のメットは怖くてかぶれない(^^;
メーターぐらいの目線になるとちょうどいいのですが、、、、、
マルチホルダーを追加してスマホをもちっと上に上げるかな?
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.